トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月26日 (木)

本3・・前世の記憶

前世の記憶・・高橋克彦著

20121017∇「前世の記憶」・・母の入院、慢性的な頭痛。医師から父親に因るストレスではと催眠術。過去に遡り、小学校の遠足(友人等の顔は判るが、自分の記憶ではない不安)、地名など皆存在(前世の?)。前世で三年生で死に、その悔しさが記憶を留め、生まれ変わった時に蘇える。オキシトシンという陣痛を起こすホルモン(安産だと少ない)で前世が残る・・その町へ。前世の恩師に会い、当時母・祖母と共に殺されたと。古いアルバム、父親の顔。頭痛、自分を殺そうとする父を母がすりこぎで・・電話が、母が死んだのか、もう謝れない。

∇「針の記憶」・・久し振りに友人と会い昔聞いた音の話、思い出のレコードが蘇り聴く。4才頃、事情で預けられた田舎の家、音に誘われ、ある部屋でお姉さんとお兄さんがその歌でダンスを(かくれんぼ)、何日か遊んでもらい寂しさから救われ・・家に戻り、やがて忘れた。あの二人は叔母さんとその恋人、あの頃は既に・・あの家を訪れ、昔から開かずの間のその部屋。無残に荒れ、涙する。蓄音機だけが古びず埃もせず。触るとレコード盤が回り、あの曲が(今も聞いているんだね・・)。

∇「傷の記憶」・・40年振りに法事で友人等と故郷へ。温泉で語り合い、それぞれの古い傷の話。自分の肩甲骨の大きな傷。亡き父から、釘での鉤裂きと。医者の友人は、槍のような物の刺し傷だと。その夜魘され、火事のサイレン、山の上が赤い。肩の傷が痛み吐き気。母方の叔母から父が釣り好きだったと。母の墓参り、夕焼け、吐き気。見覚えある病院、夕焼けで火事のよう。母は結核死でなく、火事で(自分の怪我で母が付き添い)。昔のアルバム、釣りをする父、右手に魚を刺す鉤。鉤を振り上げる父、母の頭を狙い、母が抱いていた自分の肩に。自分は救けられたが母は殺され、放火・・たかが妻の不倫、好きにさせよう、恥は少しの間。殺せば父と同じ、母が私の殺意を止まらせたのか、肩の痛みが消える。

∇「匂いの記憶」・・ある小父さんの死亡を聞き出向く。子供の時小父さんに絵を習った。夢の中で、ある匂いが・・幸せで鮮やかな光景、父と母と、父の匂い? 父の後自分も行方不明、三日後に小父さんの土蔵から。昔母は小父さんの家の女中、絵を見た次の日父が失踪、その絵は夢の中の光景で夢の中の父は小父さん・・あの匂い、吐き気。父が小父さんの土蔵に、母が父の傍に居ろと土蔵に鍵、父から甘酸っぱい匂い、自分は母の僅かな親心で引き戻され、事件の発覚を恐れ小父さんは引越し、母は再婚。小父さんは呆け症状で隠し事をポロポロ。あの匂い、亡き父の時の経過によるそれで、恐ろしくも大切な匂い・・

∇「知らない記憶」・・昔お気に入りのコレクションを購入、狂喜するも何も思い出せず。記憶とは何か、核の部分さえ印象が薄くなるなど悲し過ぎる。気分転換に故郷へ。友人の消息は酷い話ばかり。高校時代、一緒に下宿しそんな奴では。友人には恋人が・・数年前、私の父に生前世話になったと匿名で返金。彼の家へ。父を強請ったのか、最低だと。最低の男にしたのはお前の父(その差し金で、退学・子供を堕ろさされ・不妊に)だと。父の不倫相手が政敵の妾で、政敵は殺され、それを知った友人を邪魔に。以来状況が悪くなり、魔が差し保釈金をと手紙(復讐)。今回返した金は、店を出すための貯金。お前に会いたかった、あの当時傍にいてくれたらきっと頑張れたと。やはり一番大切な友、これからは傍に。

∇「凍った記憶」・・久し振りの故郷。小学校の頃、父の転勤で数年いた。時代に取り残された町。映画館、初恋の相手。4年で転校の筈が、3年で? 小学校が火事、好きだった女の子の家、その子の母親に嫌われて? 教室、板塀の節穴。女の子の父親は轢き逃げ死、すぐ後の集合写真に自分が。女連れの父があの子の父親を轢き逃げし小学校に放火、消防車等の轍で事故の痕跡が消え・・自分はショックで(いつ発覚?)2ヶ月入院。穴からメモ・・ユリちゃん、ごめんね(父の罪を背負おう)いつかきっと幸せにするね、と・・彼女を探して謝ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

機織り・・その3

Photo_2柄ですが、近頃はこの位のボリュームかなぁ。地模様を主体に銀地も。色紙文様は色々有るけど、色使いも柄行きも地味目になっています。購入される方々の年齢を考えると、特異の柄や色はあまり使えませんし。その上、なるべく飽きのこないものを、ということになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

本2・・乱調文学大辞典

乱調文学大辞典・・筒井康隆著

9e9c902e7420491031fdf7a7e9f55222a0a∇「アイロニー」・・昔ジョージ・アイロンという詩人がいて、無知なため間違った言辞を弄し、これまた無知な読者が間違いと思わず優れた反語・皮肉と絶賛。ここからこの言葉が生まれ、現在でもそういう文が書かれている場合その作家の無知による間違いであることが多い。

∇「アガペー」・・ギリシャ語で、神の愛のこと。即ち神が罪人たる人間に対して向けるあかんべえのこと。

∇「空想」・・理屈っぽい空想を理想といい、凡人の空想を妄想といい、言葉だけでイメージの伴わわぬ空想を思想という。

∇「コクトー」・・フランス詩人。若い頃は「山師トマ」と呼ばれ、ピカソやアポリネール等と一緒にゴロをマき、愛したラディゲの死の悲しみを紛らすために阿片を常用し、恐ろしい夢を見て「恐るべき親たち」「恐るべき子供たち」を書いた。何もかも恐ろしかったのだ。

∇「追伸」・・貸したお金いつ返していただけますか。三伸・・いつでも構いません。四伸・・なるべく早く返してください。五伸・・本当は至急入用なのです。六伸・・困っているからすぐ返せ。七伸・・いつまでほっとくつもりだ。八伸・・泥棒。九伸・・この野郎、殺すぞ。

∇「罪と罰」・・ドストエフスキー作。せっかく強欲非道の金貸し老婆を殺すという世のため人のためになる事をしておきながら、一娼婦の世迷言に騙されて自首してしまう大学生の話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

映画2・・ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に(1994・アメリカ)

99cd1cc19e1d13d7eeace28d9e3971f4原作・・スティーブン・キング(原題・・刑務所のリタ・ヘイワース)、監督・フランク・ダラボン、出演・ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン・・

20年の刑務所生活でも己を見失わず、遂に脱獄に成功した男の奇妙な逸話の数々と、その親友の囚人を巡るドラマ。

47年、ショーシャンク刑務所。銀行の若き副頭取、アンディ・デュフレーン(ロビンス)は、妻と間男殺しで冤罪服役。1ヶ月後、調達係 のレッド(フリーマン)に、鉱物採集の趣味でとロックハンマーを注文。一方ボグズ一派に性的行為を強要され常に抵抗したアンディは、2年間生傷が耐えない。49年、屋根の修理作業中、ハドレー刑務主任の弟の遺産相続での愚痴を聞き、解決策を助言。彼は作業中の仲間達へのビールを報酬に、必要書類を作成。囚人達はビールにありつき、アンディに一目置く。アンディがレッドにリタ・ヘイワースのポスターを注文した頃、彼を叩きのめしたボグズはハドレーに半殺しにされ病院送り。ノートン所長はアンディを図書係にし、看守達の資産運用や税金対策のため。アンディは州議会に図書予算請求の手紙を毎週書き、6年目に遂に200ドルの予算と中古図書が。彼はその中の「フィガロの結婚」のレコードを所内に流し、囚人達は心和む。所長は、囚人達の野外奉仕計画で、地元の土建業者等からワイロを手にし、アンディにその金を洗濯させる。65年、コソ泥で入所したトミーが、以前の刑務所で同房の男が「アンディの妻と間男を殺したのは俺だ」と話したと。アンディは20年目の無罪証明の機会に色めくが、所長は再審請求を求める彼を相手にせず。アンディが釈放され、彼にやらせた不正の暴露を恐れたため。アンディは懲罰房に入れられ、トミーはハドレーに撃たれ死ぬ。ある日の定期検査、アンディの房は無人。女優のポスターを剥がすと、その壁には深い穴。あのハンマーで19年間穴を堀り、嵐の晩の脱獄だった。所長達の不正の事実を曝し、ハドレーは逮捕、観念した所長は自殺・・やがてレッドは仮釈放したが、外の生活に順応出来ず、アンディからの手紙(必要な金と地図)を読み意を決し、今はメキシコで自由に暮らす(ノートンの不正の金を引き出し)彼の元へ。太陽が降り注ぐ海辺、アンディはボートの修理をしながらレッドを待っていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

機織り・・その2

19バッグの表の柄です。光物ですし、写真技術がいまイチで見難いかも。久し振りにちょっと集中してみました。家での一人仕事だし、何かを一から手で造り出していくのが好きなので、性格的に向いているんじゃないかと始めたのですが、バブルだの、それが弾けただの、壁だ~ッ!・・と有ったりして今日に至りますが、いまだに続けているところを見るとやはり合っているのかなぁと思います。(勿論、時には凹みますけど・・当たり前でしょ~、と何処からか声が)そんなこんなで、時々このタイトルで載せていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

本1・・真実の行方

真実の行方・・ウィリアム・ディール著

53638141s原題・Primal fear(根源的な恐怖) 

冬のシカゴ、大司教殺害という事件が起き、その従者だった少年が現行犯逮捕される。その少年が事件の記憶を失った純真な被疑者となり、そこへ少年から指名された偽善的で売名家の弁護士が現れ、少年の弁護を無償で引き受ける。法廷劇でもあるが、司教の宅地開発絡みや悪魔祓いと称する罪があってもなお、揃った証拠や現行犯であることなどからどう見ても不利であったが、裁判が始まると弁護側で精神医を指定し二重人格(司教に拾われ、従者となった後ポルノビデオに参加させられ)であると無罪を主張し、見事病院送りとなって刑務所を免れる・・だが、純真でも無垢でもなかった少年にまんまと翻弄、利用された弁護士と精神医。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

映画1・・マイハート、マイラブ

マイハート、マイラブ(1999・アメリカ)

1a0d4f1452c67b953ab81038af596d9e__3監督・ウィラード・キャロル、出演・ショーン・コネリー、ジーナ・ローランズ、マデリーン・ストー、ジリアン・アンダーソン、デニス・クエイド・・

過去を乗り越えて生きようとする、男女の姿を描く群像劇。

人生は誰もが主役。人は心に何か欠けたものを抱えながら生きており、誰かとの出会いがそんな欠けた心を埋めることが出来る。自分が完璧ではないからこそ。夫婦、恋人、家族、友人等の関係を通し、現代の愛の形をほろ苦くも温かく描き、人生を模索する男女の姿を都会的なタッチで綴る。

ロサンゼルス。結婚40周年を控えた熟年夫婦ポール(コネリー)とハンナ(ローランズ)。浮気相手との気ままな逢瀬を繰り返す妻グレイシー(ストー)と、夜毎バーに出掛け口から出任せの作り話で女たちを幻惑させる夫(クエイド)。男性不信の舞台演出家メレディス(アンダーソン)とトレント(ジョン・スチュワート)。クラブで知り合った無口な青年キーナン(ライアン・フィリップ)に恋してしまう不良女ジョーン(アンジェリーナ・ジョリー)。エイズで死に掛けている息子マーク(ジェイ・モーア)と、彼を看病する母親ミルドレッド(エレン・バースティン)。人生の伴侶との在り方について悩む彼等・・両親の結婚祝賀パーティー、家族皆が顔を合わせる、優しい笑顔で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

機織り・・その1

Photo機織り記事のご挨拶。

散歩中、きれいな額紫陽花が咲いていて・・小雨だったので、ちょっと暗かったのですが。やっぱり紫陽花は雨が似合います。昔、織物をやってると言っていたら、「あぁ、織物師なんだぁ。」とか言われ、一字違うと全然違う物を彫っているみたいに聞こえるので、近頃は機織りをしていると言うことにしています。ですからして、決して覗いてはいけません。な~んつって~。もうすぐ七夕ですねぇ・・久しぶりに夜空でも仰いでみますか。ま、梅雨なので天の川が見えるかどうか判かりませんが。どっちみち、私ド近眼ですし・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »