« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月19日 (日)

機織り・・その5

076gatu割と古典的な方に属する柄行きです。道長取りの中に、地文様の一つを暈しで入れ、上の藤色地に唐草花を配しています。下の方には数色の半月波。

柄行きにもよりますが、同じ古典柄でも多少は流行り廃りがあって、現時点では使えない柄や色使いもあります。新しすぎても駄目、在り来たりの古典柄も、となると・・暗中模索の毎日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

映画3・・レジェンド・オブ・フォール

レジェンド・オブ・フォール果てしなき想い(1994・アメリカ)

82aae38396e383bbe38395e382a9e383bce監督・エドワード・ズウィック、出演・ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、アイダン・クイン・・

20世紀初め、雄大なモンタナの牧場。元騎兵隊大佐のウィリアム・ラドロー(ホプキンス)は、戦いの記憶から逃れるため、この地に定住して3人の息子達の成長を見守る。中でも、狩りを好む野性児の次男トリスタン(ピット)に愛情を注ぐ。ウィリアムの妻イザベルは、過酷な自然環境に耐えず別居して街に住む。

時は流れ、息子達はそれぞれの思いを胸に人生を模索、壮大な自然美溢れる大地で、強大な運命はやがて一家を巻き込む。

ハーバード大で学んだ末っ子サミュエル(ヘンリー・トーマス)が、婚約者スザンナ(ジュリア・オーモンド)と帰郷。第一次大戦が勃発、3兄弟はヨーロッパ戦線に出征、サミュエルが戦死。帰国したトリスタンは、悲しみのスザンナを慰め二人は結ばれるが、同じく彼女を愛する長男のアルフレッド(クイン)は街へ去る。アルフレッドは街で事業に成功するが、弟を救えなかった罪の意識に憔悴したトリスタンは、永遠に待つと言うスザンナを残し放浪の旅に。数年後、帰って来たトリスタンを迎えたのは、半身付随のウィリアム。議員となったアルフレッドとスザンナは結婚し新生活。トリスタンは、ネイティヴ・アメリカンとの混血で、使用人の娘イザベルと結婚し息子と娘が誕生。彼は禁酒法に逆らい酒を売っていたが、ある日、警察の待ち伏せで、威嚇射撃の流れ弾でイザベルが死ぬ。刑務所のトリスタンをイザベルが訪ね、未だ消せぬ彼への思いを告白。彼は拒絶し、スザンナは自殺。トリスタンは、銃を撃った警官に復讐。スザンナをモンタナに埋葬、再会したアルフレッドはトリスタンに「私は神と人間のルールに従って来た。お前は何事にも従わなかったが、皆はお前を愛した」と。トリスタンは、兄に子供を預かってくれるよう頼み去る寸前、現れた警察が彼に銃を向けると、父はトリスタンの前に立ちはだかり、兄が二人を守るため警察を銃撃。トリスタンは再び野の人となり、長年の宿敵だった熊と戦い、63年に死ぬ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

機織り・・その4

Photo_3時々、こういう幾何学模様のものも織ってみたくなるのです。友禅や名物裂、吉祥文様等の古典柄も良いのですが、更紗や鱗文様などの柄行きに惹かれて時折描いてみることにしています(これは違いますけど)。色目はどうしても渋くなりがちで同系のグラデーションがかなり映えたりもして、思うような具合に織り上がりが見えてくると手放したくなくなることもあり、これは嬉しい誤算。もともと和服が好きでこういう道を選んだようなものなので、どうしても自分の好む柄や色味が影響してきます。私服については縞柄が多く、特に寒色系子持ち縞やよろけ縞などが多いですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »