« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

音楽1・・ホテル・カリフォルニア

ホテル・カリフォルニア(1976・イーグルス)

Hotelc1960年代、アメリカ。ハリウッド(アメリカン)ドリーム、ベトナム戦争、ヒッピー文化の終焉、夢と現実の落差、成功することが自由を奪う、ある日その入り口に立った時チェックインするかしないか・・歌詞に込められた意味について元来語られてこなかったようだが「自分の夢にどっぷり嵌って現実が見えなくなってしまうと、いずれ大きなツケを払う時が来る」と。

∇「思い出を心に刻もうと踊る者、全てを忘れるために踊る者」むしろ虚しく時代に踊らされているかのよう。∇「口実の許す限り、せいぜいお楽しみください」不本意ながらも自分に言い訳し。∇「誰もが自分の意思で囚われの身となったものばかり」思い込みの波に押され、突き動かされるように。∇「鋭いナイフを突き立てても、自身の内なる獣を殺せない」自分に対する、いきり立つ想いと忸怩たる想い。∇「元の場所に戻ろうと出口を求め・・自分の運命を受け入れなさい、チェックアウトは自由ですが立ち去ることは出来ません」逃れられない現実があり、堪らなく逃れたい閉塞感の狭間で、自由とは、人は・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

映画5・・L・A・コンフィデンシャル

L・A・コンフィデンシャル(1997・アメリカ)

La原作・ジェームス・エルロイ 監督・カーティス・ハンソン 出演・ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、キム・ベイシンガー・・ 

1950年代前半の、L・A市警の三人の警官がストーリーの軸。

16歳、手足に手錠を掛けられ、父が母を殴り殺すのを見せられ、女への暴力を許せなくなった男。麻薬取引現場で無関係な二人の市民を射殺、その事実を握り潰した男。元警視の父を持ったことで屈折し、第二次大戦で自害した日本兵達を自分が殺したかに見せ掛け凱旋した男・・三つの事件が起こる。血塗られたクリスマス事件、ナイト・アウルの虐殺事件、ポルノ写真版元事件。映画ではロロ・トマシという暗号めいた言葉があって、それにより見抜かれる殺しなどがあるが、原作では出て来ない。「機密扱い」というよりは暴力、麻薬、賄賂、陰謀、隠蔽、捻じ曲げ、など、どちらが取り締まる側か判らないような司法関係者達。ラスト・・殉職する男、世界(出世)を手に入れた男、愛を手に入れた男。

原作者のエルロイ・・10歳で不実な母親を惨殺され、17歳で孤児。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

機織り・・その6

077gatu露芝(露なしですが)の組み合わせに、数色の暈しと地紋様を入れたものです。全体的にはベージュ又は茶系ですが、久し振りに金糸を使ってみました。色目はほとんど渋くなるので、近頃は銀糸ばかり使うハメに。箔もだいぶ前から錆金なので、落ち着きはとても良いのですが。

箔といい、糸といい、見え難さったらないので目に悪い悪い。昔1,5、今0,1の視力。考えてみると、あれやこれや随分目に悪いことばかりしているなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »