« 本6・・名言大語録 | トップページ | 機織り・・その10 »

2007年12月13日 (木)

本7・・ホワイト・ジャズ

ホワイト・ジャズ・・ジェームズ・エルロイ著

51zd30k0zgl_2暗黒のLA四部作の最終章(1937~1958)。

タイトルは、悪い白人達(マフィア、富豪、ハリウッドの人間は言うに及ばず、ここでの主役は悪徳の司法行政関係者達)の狂乱のジャズを表す。

ドキュメンタリータッチに一人の警官の目で語られ、事件は目まぐるしく果てしなく続く。彼は周りを狂おしく巻き込み巻き込まれ、凄まじく破滅への道を転がり落ちて行く。語られる陰謀と肝計、血で血を洗う暴力、裏切り、賄賂、でっち上げ、捻じ曲げ、隠蔽、などなど。「秩序、モラルなど*****、そもそもアメリカが清らかだった事など無い、人間が善良だった事も。この世は歪んでいる」と。

エルロイは情念と暴力の作家と言われ、権威の名の下に悪事を働く白人等を描きたかったとか。

|

« 本6・・名言大語録 | トップページ | 機織り・・その10 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/9389681

この記事へのトラックバック一覧です: 本7・・ホワイト・ジャズ:

« 本6・・名言大語録 | トップページ | 機織り・・その10 »