« 映画10・・ユージュアル・サスペクツ | トップページ | 映画11・・カッコーの巣の上で »

2008年1月24日 (木)

本9・・アンデスの聖餐

アンデスの聖餐・・クレイ・ブレア・Jr著

Andesブラジルやアメリカで何度か映画化されているノンフィクション。

1972年10月、ウルグアイの大学ラグビーチームの一行45名がチリに向かう途中、その小型飛行機が雪のアンデス山中に墜落。この時点では32名生存。負傷者も多く雪が深いため脱出は無理だった。残った胴体部の整備をし、少しでも寒さを凌ごうとするが次々と凍死。互いに団結し励まし合うが、やがて食料が底を付き始め、このままでは皆共倒れに。死んでいった人々の脳や肉に手をだす地獄のような日々。捜索が打ち切られ、雪崩に遭い、19名生存。2ヶ月が経ち、最後の望みとしてその内の2名が過酷な脱出の旅へ出る。10日後、チリの牧童に発見され、16名が生還。

その後、カニバリズムではとすっぱ抜かれ、会見告白へ。「キリストが人類救済のためにその肉体と血を与えたように、仲間の人々はその肉体と血で我々を救った」と・・

|

« 映画10・・ユージュアル・サスペクツ | トップページ | 映画11・・カッコーの巣の上で »

」カテゴリの記事

コメント

話は知っていましたが、壮絶ですよね~

本を読む勇気がでてこないですが、考えさせられる本なんでしょうね。

投稿: まゆクー | 2008年1月25日 (金) 12時22分

まゆクー様

コメント有難うございます♪
この話・・そうなんですよね。
妙な判断も出来ませんし・・

投稿: 時雨 | 2008年1月26日 (土) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/10054101

この記事へのトラックバック一覧です: 本9・・アンデスの聖餐:

« 映画10・・ユージュアル・サスペクツ | トップページ | 映画11・・カッコーの巣の上で »