« 機織り・・その12 | トップページ | 映画12・・西部戦線異常なし »

2008年2月12日 (火)

音楽4・・ボサノヴァ

ボサノヴァ(Bossa Nova)

22745819ボサノヴァには新しい感覚、傾向、才能などの意味があるそうだが、ブラジル音楽のジャンルの一つでサンバの一種である。1950年代後半、リオのコパカバーナやイパネマの海岸地区で生み出された。

その誕生の中心となったのが、作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビン、詩人のヴィニシウス・ヂ・モライス、歌とギターのジョアン・ジルベルトの三人の「想いあふれて」。そしてジョアンの妻だったアストラッド・ジルベルト(写真)が、英語版で歌ったのが「イパネマの娘」。 その後、数多の歌手や歌が引き継がれ、セルジオ・メンデスへと。

ブラジルとフランス合作の「黒いオルフェ」などで、ボサノヴァが浸透し、一説によるとビートルズのロックがボサノヴァを殺したとも言われている。

おいしい水、マシュ・ケ・ナダ、メディテーション、コルコヴァード、ジンジ・・雨の日の昼下がり、ボサノヴァを聞きながら読書したり転寝するのは無常の贅沢。

|

« 機織り・・その12 | トップページ | 映画12・・西部戦線異常なし »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/10465540

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽4・・ボサノヴァ:

« 機織り・・その12 | トップページ | 映画12・・西部戦線異常なし »