« 映画32・・蝶の舌 | トップページ | 映画33・・めぐりあう時間たち »

2008年8月25日 (月)

絵画2・・アルフォンス・ミュシャ

アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)

ボヘミア(現・チェコ)生まれ。25歳からミュンヘン美術院、28歳からパリのジュリアンで学ぶ。チェコ時代に描いた「スラブ叙事詩」。女優サラ・ベルナール依頼のポスター「ジスモンダ」で有名。

St_vitus_cathedral Zodiac_4 The_slav_epic 

|

« 映画32・・蝶の舌 | トップページ | 映画33・・めぐりあう時間たち »

絵画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
イラストレーターの元祖みないな”ミュシャ”いいですよえね、色使いもけばけばしくなくて品があって。この構図は今でも通じそうですね。
天才って突然出てきますね。

アールヌーボ当時は”クリムト”も良いですよねえ。
見ていて落ち着くんだけれど、何やら色っぽく萌え~ってところありますなあ。

投稿: にゃん太郎 | 2008年8月26日 (火) 01時56分

全体的に優しいですよね。
クリムトもいいですね「接吻」とか。
解りやすくて綺麗なのが好きですね、多分そんなのばかり載せそうです。

投稿: 時雨 | 2008年8月27日 (水) 01時19分

現代にも通じる感性の作品ですね。すばらしいhappy01

投稿: まゆクー | 2008年8月29日 (金) 13時10分

そうですね、女性に人気があるのが解ります♪

投稿: 時雨 | 2008年8月29日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/23217422

この記事へのトラックバック一覧です: 絵画2・・アルフォンス・ミュシャ:

« 映画32・・蝶の舌 | トップページ | 映画33・・めぐりあう時間たち »