« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月22日 (月)

映画37・・ショート・カッツ

ショート・カッツ(1994・アメリカ)

Fsi0159w_l原作・レイモンド・カーヴァー、監督・ロバート・アルトマン、出演・ティム・ロビンス、マデリーン・ストウ、ジュリアン・ムーア、マシュー・モディーン、ジャック・レモン・・

害虫駆除のヘリコプターが飛んでいる以外は、いつもと変わらないロス郊外の住宅地。10組、22名の日常が複雑に絡み合いながら進行。そこかしこで喜怒哀楽が演じられ、現実が少しズレまくった日々は、やがて恐るべき結末へ。

些細な事から生じる出会いと別れ、葛藤と和解、愛と裏切り、生と死。時に擦れ違い、重なり合って。

ケイシー少年が車に撥ねられる・・孫を訪れた祖父(レモン)は、疎まれながら息子に妻との過去の経緯を語り、孫の不幸で立ち去る・・ケイシーを跳ねた女は少年の死を知らず、アル中の夫と馬鹿騒ぎ・・ジャズシンガーの母とチェリストの娘は、理解し合えず娘は自殺・・愛人のいる警官(ロビンス)は妻(ストウ)に見透かされ、愛人に捨てられ家族のもとに・・画家の妻(ムーア)の過去に拘る医師の夫(モディーン)・・ヘリの操縦士は別れた妻に嫉妬し、家の中を破壊・・釣りに出掛けた三人は、死体に出くわし・・プール清掃の夫は妻(テレフォン・セックスの仕事)に不満が溜まり・・二組でピクニックに出掛け、一人がナンパした女性を石で殴り殺してしまう・・大きな地震が起こり、やがて収まる・・皆は再び普段の生活に戻る。

三時間を越す、シニカルでユーモラスな群像劇で、その取り止めの無さが逆に現実的。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

映画36・・ストレイト・ストーリー

ストレイト・ストーリー(1999・アメリカ)

Cinema059監督・デイヴィッド・リンチ、出演・リチャード・ファーンズワース、シシー・スペイセク、ハリー・ディーン・スタントン・・

アイオワ州、ローレンス。73歳の老人アルヴィン・ストレイト(ファーンズワース)は、家の中で転倒し杖の世話に。10年来仲違いの、音信不通の兄ライル(スタントン)が心臓発作で倒れたとの知らせ。考えた末、兄の住むウィスコンシン州、マウント・ザイオンまで行こうと。350マイル(563K)の距離。アルヴィンは免許も無く、足腰が不自由なのでバスにも乗れない。頑固にも、自力で兄のもとを訪ねようと。娘ローズ(スペイセク)の反対を押し切り、芝刈り機に乗り、荷車を引いて出掛ける。芝刈り機の故障で一旦戻るが、小型の中古トラクターを買い再出発。時速8K、6週間を掛け兄のもとに辿り着こうという話。

途中、様々な出来事が・・廃屋で雷雨を避け、妊娠した家出娘に出会い、鹿を轢いてパニックの女性と遭遇(鹿を美味しく頂き、角は飾りに)、ロードレースの若者達との夜を老いについて語り、出会った老人と戦争話をし、トラクターの故障で助けを借り人の温かさに触れ、牧師と話し(子供の頃兄と過ごした日々を語り、全て流してまた一緒に星を見たいと)・・

頑固ではあるが人には柔和に接し、慌てず騒がず、やっとのことで兄の元に辿り着く。荒れたポーチに二人して座り、言葉少なに「あれに乗ってきたのか?」「そうだよ」と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

映画35・・ターミナル

ターミナル(2004・アメリカ)

A0019224_2356716監督・スティーヴン・スピルバーグ、出演・トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ・・

ニューヨーク、ジョン・F・ケネディ空港の国際線ロビー。入国手続きゲートで、東欧クラコウジア人のビクター・ナボルスキー(ハンクス)は、足止めに。彼が国を出発した直後、クーデターが起こり政権崩壊状態に。入国ビザが取り消され、母国に帰ることも出来ず。ビクターはある「約束」を果たすため、アメリカに入国出来るまで空港内での生活を。アメリカに来た目的は、亡き父が40年来のジャズファンで、父の代わりに、残された一人のサインを貰うこと。恋をしたアメリア(ジョーンズ)に問われ、父も自分に同じことをしてくれたはず、と。肌身離さず持っている缶には、父が集めたこれまでのサイン。

空港は、物は何でも揃うが本来人々が通過するだけの「ターミナル」。アイデンティティーも無く、言葉も解らず、収入の道も無く、友人もいない。責任逃れの杓子定規な警備局主任に意地悪くあしらわれながら、その人柄と一途さで次第に皆に受け入れられ・・

クーデターが収束した時、恋には破れたが、念願の父との約束を果たすため、空港の外に足を踏み出すビクター。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

絵画3・・ピエール=A・ルノワール

ピエール=A・ルノワール(1841~1919)

印象派・フランス画家。画塾生になりモネやシスレーと出会う。光の効果に溺れる技法に懐疑的となり、1883年頃から新古典派アングルの影響で、明快な形態・硬い輪郭線・冷たい色調に。

Le_moulin_de_la_galette   La_grenouillre_2 In_st_cloud_park

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

映画34・・マグノリア

マグノリア(1999・アメリカ)

D0151584_0364229監督・ポール・トーマス・アンダーソン、出演・トム・クルーズ、ジュリアン・ムーア・・

10人以上の24時間を描く、3時間を越す群像劇。

L.A.郊外、長寿クイズ番組「チビッ子と勝負」が始まる。その製作者アールは末期癌で病床に。金銭目当ての後妻リンダ(ムーア)。病人に尽くす看護人のフィル。アールの息子フランク(クルーズ)は、癌の母と共に捨てた父を恨み、今や新興宗教の教祖紛いのSEX伝道師。番組の名司会者ジミーは癌で余命が。その娘クローディアは、父に悪戯されたと恨み薬物中毒に。真面目な警官ジムが現れ、クローディアに恋を。クイズ番組の天才少年スタンリー、その昔天才少年だったドニー。

病人に頼み込まれたフィルは、何とかフランクに連絡を。夫の末期に自分の心の変化に気付いたリンダは、混乱の末に夫の薬で自殺を図る。拒絶しつつもフランクは父の元に馳せ、思いのたけをぶつける。父親の言いなりだったスタンリーは「僕は人形じゃない!」と。見当違いに強盗しようとするドニーを諫めるジム。

彼らの運命は変転し、一人一人に救済がもたらされるラスト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

機織り・・その19

5枚で3セット(2回に1本の無地プラス)のその1、2セット目と3セット目。

古典調と現代風の2点、小色紙のみ類似。

0807133_003_2 0807133_004_2

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »