« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

映画42・・白い恐怖

白い恐怖(1945・アメリカ)

24d6ccdf04原作・フランシス・ビーディング、監督・アルフレッド・ヒッチコック、出演・イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック・・、幻想シーンの美術・サルバドール・ダリ

「緑の荘園」と呼ばれる精神病院の院長は、面倒見いいが病後で高齢もあり引退へ。新任のエドワーズ博士(ペック)が赴任。女医コンスタンス(バーグマン)は、高名な彼に惹かれるが、ある日、エドワーズが白と黒の縞模様に異常な恐怖を抱くことに気付き、彼が自分の名前も覚えていない記憶喪失の患者ジョンだと突き止める。

ジョンは本物のエドワーズ博士を自分が殺し、成り代わっていると思い込む。コンスタンスはジョンと一緒に失われた記憶を辿り、事件の裏に隠された真実を暴こうと。

真相を知るべく二人で彼女の恩師のもとへ行くが、恩師から数日の猶予を貰い、記憶の断片にあるスキー場へ。そこでエドワーズ博士が崖から転落したと判る。警察に名乗り出て通報するが、遺体が捜索され発見されると、エドワーズ博士は背中から銃で撃たれたと判明。ジョンは捕らえられ、コンスタンスが奔走するも疑いが晴れない。

元の院長が復職し病院に戻る。その何気ない一言「エドワーズ博士は好きではなかった」で、コンスタンスが真相に気付き、院長もそれを知る。彼女を同じ銃で殺そうとし、一度目は体調不良で情状酌量だろうが今度はそうは行かないと言われ、その銃で自殺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

絵画4・・ウィリアム・A・ブグロー

ウィリアム・A・ブグロー(1825~1905)

フランス画家。出世コース・・ボザール(国立美術学校)出身→ローマ賞、公費でイタリア留学→サロン(官展)に毎年出品→アカデミー会員→ボザール教授・・をなぞる。画風は、アングル等の新古典主義を汲む伝統的なもので、神話・文学等多数。

The_day_of_the_dead    A_soul_brought_to_heaven_3 The_first_mourning_2   The_remorse_of_orestes_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

映画41・・スモーク

スモーク(1995・アメリカ)

838cc30bc2cbc81017dd84678dcb5e90原作・ポール・オースター、監督・ウェイン・ワン、出演・ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ハロルド・ペリノーJr、ストッカード・チャニング、フォレスト・ウィテカー・・

ニューヨーク、ブルックリン。街角の煙草屋に集う3人の男を巡るそれぞれの物語を綴る。

煙草の煙の重さ・・まず煙草1本を計り、それに火を点け、その灰と吸殻の重さを引く。

煙草屋の店主オーギー(カイテル)は、毎朝同じ時刻に店の前の写真を撮る。作家のポール(ハート)は、妻を強盗の流れ弾で喪って以来仕事が手に付かない。ポールが車に撥ねられそうなのを救けた少年トーマス(ポールにラシードと名乗る。ペリノーJr)。家出中のトーマスは、生き別れの父サイラス(ウィテカー)の自動車修理屋で働き始める。オーギーはポールに、同じように見える写真も皆違うのだと。再びポールを訪れたトーマスは、強盗の金を拾い追われていると告げ、ポールのもとで暮らし、オーギーの店で働き始める。店に損害を与え、拾った金で埋め合わせ。オーギーの店に昔の恋人ルビー(チャニング)が現れ、二人の間に娘がいて、その娘が麻薬中毒なので救けて欲しいと。ギャングがトーマスを追ってポールのもとに。ポールとオーギーはトーマスを心配し、彼とサイラスを親子対面させる。オーギーはルビーにトーマスからの金を渡し、娘を更正施設にと。ポールにクリスマス向けの仕事が。オーギーはポールに、14年前のクリスマス体験を語る。万引きを追い犯人の財布を拾い、クリスマスに返そうと訪れ、その祖母に孫と間違えられ、そのフリをし、トイレで盗品のカメラを見つけ1つ失敬した(作り話?)と。ポールはそれを「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」として原稿に。

過去と現在、嘘と真実を巧みに交差、下町の人々の人生を深く描くが重くなく、シンプルで良質の味わい深いドラマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

映画40・・21GRAMS

21GRAMS(2003・アメリカ)

A26bf013e70e360d9325da2849ffd03c監督・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、出演・ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ、シャルロット・ゲンズブール・・

1つの心臓を、1つの交通事故を巡って交錯する、1人の女と2人の男の皮肉な運命を描く。

ジャック(デル・トロ)は、以前と違い敬虔過ぎるほどのクリスチャンだが、事故を起こし神の裏切りを感じる。幸せなはずのクリスティーナ(ワッツ)は、その事故で夫と娘2人を喪う。余命1ヶ月の数学者ポール(ペン)の状態に、別居していた妻メアリー(ゲンズブール)が戻る。クリスティーナの夫の心臓を貰ったポール。ジャックは罪の意識に苛まれ、妻の反対を押し切り自首。クリスティーナは轢き逃げ犯を殺したいと思い、またドラッグを。メアリーは子供を欲しがるが、ジャックはお互いの間が冷えていると。ポールの心臓は再び悪くなる。クリスティーナは、ポールにジャックを殺すよう要求。証拠不十分で釈放されたジャックが2人のもとを訪れ、自分を撃つよう迫る。クリスティーナがジャックを殺すのを止めさせるため、ポールは自分の胸を撃つ。一命は取り留めるが、ヤク中のクリスティーナが妊娠。

ストーリーは時系列でなく始めは捉え難い、ドキュメンタリータッチのオムニバスのような構成。21g、人は死ぬと21g軽くなる、それは魂の重さ・・何度も繰り返される、それでも人生は続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

映画39・・ハイド・アンド・シーク

ハイド・アンド・シーク(2005・アメリカ)

Img_1173423_24980027_1監督・ジョン・ポルソン、出演・ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン・・

別名「暗闇のかくれんぼ」。もう、いいかい・・まぁだだよ・・もう、いいかい・・もう、いいよ。

心理学者のデイヴィッド・キャラウェイ(デ・ニーロ)は妻を亡くし(浴室で手首を切って自殺)、そのため娘エミリー(ファニング)は心を閉ざす。デイヴィッドは娘と二人、ニューヨーク郊外の静かな町の古い一軒家に引っ越す。彼は娘を思うあまり、次第にトラブルに巻き込まれて行く。恐るべき秘密を隠したエミリーには、彼女にしか見えない想像上の友達チャーリーがいた。エミリーはチャーリーとかくれんぼをするのだが、ある一線を越えた時、戦慄の扉が開く。以来エミリーは常軌を逸した行動を取り始め、チャーリーがやった事だと・・

先の見えない不気味なストーリー展開、ラスト15分のどんでん返し・・チャーリーは、デイヴィッドのもう一つの人格・・デイヴィッドに師事した児童心理学者のキャサリン(ヤンセン)が、緊迫した状態を悟り二人のもとへ。デイヴィッドを射殺、エミリーを引き取り一緒に暮らすことに。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

映画38・・バットマン・ビギンズ

バットマン・ビギンズ(2005・アメリカ)

P0508監督・クリストファー・ノーラン、出演・クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ケイティ・ホームズ・・

青年ブルース・ウェイン(ベール)が、いかにしてバットマンになったのか現代風の世界観の中で描く。

不況と貧困に喘ぐゴッサム・シティ。慈善家の大富豪の息子ブルースは、幼くして強盗に両親を目の前で殺される。十数年後、ブルースはその犯人が裁判直後に殺されるのを目撃。自らへの罪悪感、悪とは、正義とは、と葛藤、当てのない旅に。ヒマラヤで「影の同盟」という組織に接触。人は何故堕ちるのか、どん底から這い上がる事を学ぶため・・やがてゴッサム・シティに舞い戻った彼は、執事のアルフレッド(ケイン)と、社内で左遷されていた科学者フォックス(フリーマン)の協力で、悪と闘う事を決意。幼馴染みのレイチェル(ホームズ)も、検事として闘っていた。「人は名前じゃない。何を成し遂げたかで決まる」と。

戦車のようなバット・モービル、揺らがない信念と強靭な肉体を包む漆黒のスーツは、敵に恐怖を与え闇の番人として闘うため。ファンタジーというより、真実味のあるドラマのよう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

機織り・・その20

08091432_001久しぶりに漆糸(青とオレンジ)を使ってみる。漆糸は玉虫がかっているのだが、この分量だと判り難い。楔形を銀糸との三色にし、それぞれで沙綾の地紋を半月に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »