« 本16・・存在の耐えられない軽さ | トップページ | 本18・・Blues(ブルース) »

2008年11月24日 (月)

本17・・ノルウェイの森

ノルウェイの森・・村上春樹著

10637歳の主人公ワタナベは、ハンブルク空港に着陸する飛行機 の中で、流れ始めたビートルズの「ノルウェイの森」を聞き激しく混乱。これまでに失ってきた時間・去って行った人々・戻ることのない想いを振り返る。

18年前、草原の風景と井戸の話をする直子。深く暗い井戸。彼女は、自分の事を忘れないで欲しいと。愛してさえいなかったはず。

高校2年の春、友人のキズキの恋人であった直子と出会う。いつも3人で遊んだが、1年後の5月、2人でビリヤードをした後キズキが車の中で排気ガス自殺。直子とは別々の大学に進み、キズキの死後1年振りに電車の中で再会。その後2人は日曜毎に会う。学生寮で2歳年長の永沢。その恋人のハツミ。直子の20歳の誕生日、ケーキを買い彼女のアパートへ。止めど無く話し泣く直子。その夜、ワタナベは直子を抱く。いなくなる直子。同学の緑と出会い彼女の家へ。直子が精神療養所にいることが判り会いに。直子と同室の、ピアニストを目指したレイコは部屋でギターを弾く。「ノルウェイの森」は直子のお気に入り。直子は、キズキと自分は無人島で裸で育った子供のようなもので、社会とのリンクがワタナベだったと語る。直子の姉も自殺をしていて、発見したのが直子だった。寮に戻り、緑の父を見舞うが数日後死亡。頭は良いが特異な性格の永沢を愛しているが、自分を理解しようとしない彼に苛立つハツミ。永沢とハツミは就職後別れ、彼女は別の男と結婚するも2年後に手首を切って自殺。落ち込む緑を、抱いて寝かし付けるワタナベ。再び直子を訪ね、寮を出て2人で暮らしたいと。20歳になり、お互いに寮を出る永沢から、自分に同情するのは下劣な人間のすることだと。連絡を怠り緑が疎遠に。直子の病気が悪化。会っても上の空のワタナベに傷付けられる緑。緑と姉はアパート暮らしを。レイコへの手紙に、直子を愛しているが緑に心を動かされると書く。レイコから、ベストを尽くしても人は傷つきもする、幸せになれるのならそれを掴むようにとの返事。直子が首吊り自殺。緑に訳も話せず待ってくれと言い、当てのない旅に。キズキの死で学んだこと「死は生の対極にあるのではなく、生の内に潜んでいる」。その真理さえも、直子を喪った哀しみを癒せない。1ヶ月後戻るが、緑に電話も出来ず部屋に閉じこもる。レイコが訪ねて来、直子がいなくなったので療養所を出て旭川の友人の所で音楽教室を手伝うと。レイコは、立ち直れないワタナベと直子の葬式をやり直すためギターを弾き、2人で飲む。レイコと寝る。

翌日、レイコを見送った後、緑に電話。2人でやり直したいと。今何処かと問われ、周りを見回すが自分が何処にいるのか判らない・・

|

« 本16・・存在の耐えられない軽さ | トップページ | 本18・・Blues(ブルース) »

」カテゴリの記事

コメント

よくまあ書けるのだ、読んだって僕はこれほどあらすじをたぶん書けませんよ。
勘違いしてたらすみませんが、やはりこの前作の「風の音を聴け」を読まれた方がいいかもしれませんね。
アレに出て来る鼠(人物名)の存在がキズキと読んだ時にダブりった記憶があります。

投稿: にゃん太郎 | 2008年11月25日 (火) 01時54分

やはり読んだだけでは書けなくて、もう一度拾い読みしながら書き出していきました。
感想は一切無しですけど・・
有難うございます。「風の音を聴け」覚えておきますね。

投稿: 時雨 | 2008年11月26日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/25576696

この記事へのトラックバック一覧です: 本17・・ノルウェイの森:

« 本16・・存在の耐えられない軽さ | トップページ | 本18・・Blues(ブルース) »