« 本20・・地下室の手記 | トップページ | 絵画5・・藤田嗣治 »

2008年12月18日 (木)

本21・・バスク、真夏の死

バスク、真夏の死・・トレヴェニアン著

51lz1cjs0jl__sx230_ある秋の朝、45歳を迎えたジャンは、20年前に過ごしたバスク地方の小さな町サリーを訪ね、回想。青臭く鈍感な、自信過剰で自己中心的な25歳の若者だったと、今、苦い思いで噛みしめる。

ジャンはバスク出身、パリで医学を勉強し、ある挫折(マドモアゼル・Mへの精神治療に因り、彼女は職員等から強姦される)から、サリーの小さな診療所で働き出す。

パリ住まいだったヒロイン(カーチャ)家族が、突然サリーに移り住む。人の訪れない屋敷に、カーチャと双子の弟ポール、変わり者の学者の父親が住み、庭には時折りカーチャの眼の端を過ぎる妖精。

ある過去(ポールの友人に強姦されて以来精神を病み、別人のカーチャとなり平衡を保つが、恋すると相手を殺さずに居られず、その記憶は残らない。)を負うヒロインとの出逢いから別れに至る数日間の出来事。

人は流れる時間の中で、どのように自分で有り続け、どのように悲しみや痛みを引き受け、今を生き続けるのか。ヒロインの痛みを抱え、その後の20年を生きた男の人生。彼の抱える痛みとはどれ程のものなのか。足下が崩れ去っていくような不安と、底知れぬ闇を覗き込んだような悲しさが、カーチャの家族のものであり、主人公のものである。

自分でいられない少女がカーチャとなり、再び・・汚されない「男」のポールになるため殺し、疲れきった父は自殺し、カーチャも・・

「私は彼女を抱え、腕の中で身体を優しく揺すってやった。涙の一滴が私の口の端に落ちてきた。その温かく塩辛い味を、今でも舌に感じることが出来る」と。

|

« 本20・・地下室の手記 | トップページ | 絵画5・・藤田嗣治 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414154/26157032

この記事へのトラックバック一覧です: 本21・・バスク、真夏の死:

« 本20・・地下室の手記 | トップページ | 絵画5・・藤田嗣治 »