« 本48・・デミアン | トップページ | 本50・・転落・追放と王国 »

2009年7月24日 (金)

本49・・幸福な死

幸福な死・・アルベール・カミュ著

9583初期に書かれ、生前は陽の目を見なかった作品。「異邦人」等の資料になった原型。青春時代のカミュの様々な生の形を表現。

主人公マルソーは、貧苦からの脱出が「幸福な生」を約束するものとし、死への恐怖は、死を意識の至福の状態に高揚させ克服出来ると信じた。恋人マルトの元恋人のザグルーを殺して金を奪い、「世界をのぞむ家」で三人の女性と幸福な日々を過ごし、やがてチェヌーアに隠遁する経過は巻末に訪れる「幸福な死」に備えたもの。マルソーが迎える「幸福な死」とは、世界と一体となる生の充足感だが、そのために「世界をのぞむ家」や親しい仲間達と離れ人里離れた別荘で一人暮らすという、生きながらにして既に孤独な生や死に馴染まねばならない。故に、幸福への意志や生は死への道行きに他ならぬというある種の矛盾を有し、それが生の不条理への膨らみを見せずに短絡されて収斂される。マルトやリュシエンヌとの心理的葛藤の罠に嵌るまいとし、自尊心と嫉妬に心乱され、頑なに愛を拒否しアンパランス(外観)と呼ばれる・・「異邦人」のムルソーも同じで、他人や世界の中に足を踏み入れることを怖れ、自分を侵すことの無い「世界の優しい無関心」にだけ心を開く。

カミュ自身も、何かに束縛されそうになると野獣のように身を翻した(夫人言)。

|

« 本48・・デミアン | トップページ | 本50・・転落・追放と王国 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本48・・デミアン | トップページ | 本50・・転落・追放と王国 »