« 本54・・一粒の麦もし死なずば | トップページ | 映画75・・エンゼル・ハート »

2009年8月29日 (土)

本55・・田園交響楽

田園交響楽・・アンドレ・ジッド著

09848322タイトルは、牧師がジェルトリュードに音楽会で初めて聴かせた曲。

身寄りも無く、無知で盲目だったジェルトリュードを牧師は純粋な慈悲の心から引き取った積りだったが、やがて牧師と牧師の妻と息子、ジェルトリュードを巡って愛憎劇が展開される。 数年後、彼女は視力回復手術を受けたが、視力を得た彼女は現実を見てしまう。

自身の恋心のために自らが描く善と美の理想を彼女に背負わせた牧師、哀しく傷ついているその妻の姿、彼女への恋心を妨げられ違う信仰を貫こうとするその息子・・

「もし盲目なりせば、罪なかりしならん」、「罪は生き、我は死にたり」の聖書の言葉を受け、ジェルトリュードは自殺を図る。いずれ4人とも「盲人」に過ぎなかったのだ。「盲人もし盲人を手引きせば、二人とも穴に落ちん」。

|

« 本54・・一粒の麦もし死なずば | トップページ | 映画75・・エンゼル・ハート »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本54・・一粒の麦もし死なずば | トップページ | 映画75・・エンゼル・ハート »