« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

映画76・・マーニー

マーニー(1964・アメリカ)

20120316_668403監督・アルフレッド・ヒッチコック、出演・ティッピ・ヘドレン、ショーン・コネリー・・

マーク(コネリー)の会社に、マーニー(ヘドレン)が応募して来た。彼女が金庫泥棒であることを知りながら、惹かれるままに雇うマーク。彼女は、異様なほど嵐と赤色に怖れを抱く。ある日、彼女は金庫から金を奪い、いつものように田舎の農場に逃げる。マークは彼女の盗癖に隠された原因があるとし、彼女の保護者になろうと結婚。彼女は異常に彼との接触を避け、彼の愛を受け入れない。旅行から帰った二人は、外見上は夫婦として暮らしたが別々の寝室で過ごす。再び金庫を破った時、問い詰められたマーニーは計5回の金庫破りを告白。探偵を使い母親の住所を割り出したマークは、彼女を連れて突然訪れる。次第にマーニーの常軌を逸した行動の謎が解明。

母親のバーニスは、15才でセーター1枚と引き換えに男に抱かれ、マーニーを妊娠し捨てられた。その後娼婦となり、マーニーが5才の時、嵐の夜、母の所に来ていた男に悪戯されそうになり、防ごうとした母親に暴力を振るう男を、母親から助けを求められるまま火かき棒で打ち殺した。マーニーは記憶を無くし、母親は罪を逃れた。母親は男に対し厳しく育て、マーニーにも素っ気無く接し、そのためマーニーは愛情を信じられず盗癖を繰り返していた。記憶を取り戻したマーニーは、自分の行動を支配していた無意識の動機を悟り、解放される。

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

映画75・・エンゼル・ハート

エンゼル・ハート(1987・アメリカ)

A0143100_10515012原作・ウィリアム・ヒョーツバーグ「堕ちる天使」、監督・アラン・パーカー、出演・ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ、リサ・ボネー、シャーロット・ランプリング・・

1955年。私立探偵ハリー・エンゼル(ローク)は、サイファー(デ・ニーロ)から、戦前の人気歌手ジョニーを探して欲しい依頼される。

ジョニーは戦争の後遺症(戦争で慰問に出掛け、爆弾が近くで破裂し顔面を傷つけ、記憶を失う)で精神病院へ収容されたが、記録では既に退院。主治医ファウラーを訪ねると、モルヒネ中毒のジョニーが男女二人に連れられ退院した(マーガレット父娘で、その後タイムズ・スクエアに放置)と。一度外出し戻るとファウラーは惨殺されていた。ジョニーが占い師と付き合っていたと知り、ニューオリンズのマーガレット(ランプリング)に会い訊こうとするが失敗し、ジャズクラブでかつての同僚トゥーツにも叩き出される。ジョニーの愛人だった黒人女性を訪ね、娘のエピファニー(ボネー)から母は死んだと。マーガレットが殺される。ヴードゥ教の巫女であるエピファニーと情を通じ、絶頂時に彼女の首を絞め掛けるハリー。マーガレットの父イーサンが殺される。ハリーはジョニーがニューヨークのタイムズ・スクエアで誰かと会ったこと(兵士ハリーに出会い、心臓を食いその記憶を得る)が判る・・ニューオリンズでサイファーに会い、彼が実はルシファー、つまり悪魔であることが判明。ジョニーは売れるため悪魔と契約、その後悪魔を裏切りハリーとして逃げた。エピファニーの死体を前に、ジョニーは「俺の娘だ」と。これまでの殺人は(イーサンとエビファニーはサイファー)彼が犯していた・・

エピファニーの子の目が光る、悪魔の子。どこまでも下降していくエレベーター。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

本55・・田園交響楽

田園交響楽・・アンドレ・ジッド著

09848322タイトルは、牧師がジェルトリュードに音楽会で初めて聴かせた曲。

身寄りも無く、無知で盲目だったジェルトリュードを牧師は純粋な慈悲の心から引き取った積りだったが、やがて牧師と牧師の妻と息子、ジェルトリュードを巡って愛憎劇が展開される。 数年後、彼女は視力回復手術を受けたが、視力を得た彼女は現実を見てしまう。

自身の恋心のために自らが描く善と美の理想を彼女に背負わせた牧師、哀しく傷ついているその妻の姿、彼女への恋心を妨げられ違う信仰を貫こうとするその息子・・

「もし盲目なりせば、罪なかりしならん」、「罪は生き、我は死にたり」の聖書の言葉を受け、ジェルトリュードは自殺を図る。いずれ4人とも「盲人」に過ぎなかったのだ。「盲人もし盲人を手引きせば、二人とも穴に落ちん」。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

本54・・一粒の麦もし死なずば

一粒の麦もし死なずば・・アンドレ・ジッド著

01996854表題は「ヨハネ伝」の第12章24節のキリストの言葉「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」に由来。

体質虚弱、神経過敏だった少年時代の悪夢のような日々、南の国アルジェリアで初めて知った背徳の快楽など、己の秘密を余さず暴いた大胆な告白の書。

幼年期から26歳で婚約するまでの回想で、彼の自己愛や同性愛の趣味がいささかの躊躇いもなく語られると同時に、彼の一生を通じて変わることのなかった美しいものや弱い者に対する共感や憐憫などが、その萌芽の状態に於いて語られる。その点で、彼の複雑極まりない精神や作品を研究する上に欠くことのできない作品である。ジッドはこの作品を、云わば贖罪のために書いたようなものだ、と。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

映画74・・硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙(2006・アメリカ)

510vjyunpdl監督・クリント・イーストウッド、出演・渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 ・・

戦況が悪化の一途を辿る1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを自覚する陸軍中将・栗林(渡辺)が硫黄島に。着任早々、彼は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築く。栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望する西郷(二宮)等兵士達は希望を見出す。一方、古参の将校達の間で反発も。

日本の最南端に近い太平洋に浮かぶ、東京都小笠原村硫黄島。山手線一周ほどもない小さな島は、米軍の本土攻撃を食い止める重要な拠点。米軍は当初、圧倒的な戦力の違いで5日で陥落出来ると踏むが、予想外の日本軍の抵抗で激戦は36日間に及んだ。

米国人の素晴らしさも知る人間的で鷹揚な、勇ましい軍国主義だが実は愚かな、死の恐怖に怯え敵前逃亡を目論み、などの軍人像。衝突から戦争の虚しさを味わい、やがて地下壕で目撃する「玉砕」という美名の自殺の強要が如何に醜いものであったかを描く。

戦後61年が経ち、地中から発見された数百通の手紙。届かぬと判って記された家族への思いが悲痛。

| | コメント (2)

2009年8月24日 (月)

本53・・悲劇マリア・ストゥアルト

悲劇マリア・ストゥアルト・・フリードリヒ・フォン・シラー著

Book1089_2通称メアリー・スチュアート、スコットランドのヤーコブ五世を父とし、生後一年で女王になり、その後フランスのフランツ皇太子妃となる。同時期に、ヘンリー八世の非婚子であったエリザベート(処女王のエリザベス)がイギリスの王位を継いでいた。1559年、フランツが王位に就くも翌年早世し、マリアはスコットランドに戻るが・・

16世紀イギリスの史実を背景に、人の相寄るところの真情の変化や、性格の相打つところに発する愛憎・陰謀の火花という、純粋な現象を2人の女性の5幕の劇にしたもの。1587年、45歳で断頭の露となったマリアの処刑に至るまでの最後の3日間を描く。

| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

映画73・・眺めのいい部屋

眺めのいい部屋(1985・イギリス)

413hjjxz79l原作・E・M・フォースター、監督・ジェームズ・アイヴォリー、出演・ヘレナ・ボナム=カーター 、ジュリアン・サンズ、ダニエル・デイ・ルイス・・

1907年、イギリスの令嬢ルーシー(カーター)は、年上の従姉シャーロットに付き添われフィレンツェに。イギリス人観光客が利用するペンションに着くと、部屋が美しいアルノ河に面していずがっかり。夕食の席、シャーロットの苦情を聞いたエマソンが、息子ジョージ(サンズ)との眺めのいい部屋と交換してもいいと。イギリスの階級意識に束縛されないこの親子に、奇異な眼を向けるイギリス人観光客等。一度は躊躇うシャーロットだが、偶然同宿の教区牧師ビーブに説得され申し出を受ける。翌朝一人で町を見物していたルーシーは、サンタ・クローチェ寺院でエマソンと出会い一緒に礼拝堂の壁画を見る。シニョーリ広場で、喧嘩で胸を刺された男を目撃し失神。彼女を介抱したのは通り掛かったジョージ。二人の心に特別な感情が芽生え始める。ピクニックに出掛けたルーシーはジョージに麦畑の中でキスをされる。二人の仲に気付いたシャーロットは急遽ルーシーをイギリスに連れ帰る。数ヵ月後、ルーシーは高い教養の持ち主シシル(ルイス)と婚約。ロンドンの美術館でエマソン父子と会ったシシルが、ルーシーの家に近い貸家の世話を。二人は再会。ルーシー家の人々とテニスに興じるジョージ。傍で小説を読み上げるシシル。再びジョージからキスされたルーシーは、シシルとの婚約解消を決意。秋、フィレンツェ。あのペンションの眺めのいい部屋に、二人が再び来訪。窓を開けると、そこに美しい風景が。

| | コメント (2)

2009年8月22日 (土)

映画72・・父親たちの星条旗

父親たちの星条旗(2006・アメリカ)

Titioyatatinoseizyoukipackss01原作・ジェイムズ・ブラッドリー、監督・クリント・イーストウッド、出演・ライアン・フィリップ、 ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ、 ジェイミー・ベル、 バリー・ペッパー ・・

一枚の戦場写真が人々の運命を翻弄していく悲劇を描く。

ウィスコンシン州で葬儀社を営む老人。彼、ジョン(ドク)ブラッドリーに最期の時が。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に、海軍の衛生兵として出兵。その時撮られた1枚の写真、米国中から英雄と讃えられた輝かしい過去。しかし、その事を決して語ろうとしない。硫黄島で何を見たのか。父は何故沈黙を貫くのか。父の最期を見守る息子が、硫黄島の真実を辿り始める。

硫黄島に上陸したアメリカ軍は、予想外の日本軍の反撃に遭い苦戦を強いられた。そんな中、山の頂上に翻った星条旗。その写真がアメリカ中を熱狂させ、旗を掲げている六人の兵士達を英雄に祭り上げた。戦闘から生還したのは三人のみ。ドク(フィリップ)、アイラ(ビーチ)、レイニー(ブラッドフォード)。帰った三人は政府の戦時国債キャンペーンに。英雄扱いされるほど三人の苦悩は深い。凄惨な戦場体験とのギャップ、例の写真が英雄的行為とは程遠いという真実(写真の星条旗は1本目ではなく、硫黄島の難所、擂鉢山を死ぬ思いで攻略し最初の旗を立てたメンバーと、帰国して英雄扱いされた3名とは、微妙に違う)。この体験は三人のその後の人生に深い影響を残す。アイラは酒に溺れ32歳で横路死。レイニーはキャンペーンの伝を頼り就職を試みたが過去の存在と見做され、うだつの上がらぬまま一生を終えた。ドクは地道に葬儀屋を営み、残りの人生を家族に捧げる・・臨終の床で父は、一人の忘れられない兵士の話。一番の思い出は、束の間の平和な時、仲間達で海に入り少年のようにはしゃいだ時の幸福な記憶。

戦争に対峙するアメリカ人と彼等の喪失を真正面から捉えている。日本人が知らなかったアメリカの苦悩と喪失を教えるノンフィクション。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

本52・・くたばれ! ハリウッド

くたばれ! ハリウッド・・ロバート・エヴァンズ著

1101452379「ローズマリーの赤ちゃん」「ゴッドファーザー」「ある愛の詩」等を送り出した半生の自伝。

1956年、ビヴァリー・ヒルズ。兄と経営していたアパレル会社の成功で、若くして巨万の富を築いたエヴァンズは、かつての大女優ノーマ・シアラーに見い出され映画「千の顔を持つ男」に起用される。だが目指すのは俳優ではなく、映画の全てを掌握出来るプロデューサー。34歳、ニューヨーク・ポスト掲載の記事をきっかけに、パラマウント映画の幹部に抜擢される。時代は古き良きハリウッドが終焉を迎え、新時代の混乱期。役者上がりの若造で実績もないエヴァンズの抜擢は猛烈なバッシングを招くが、パラマウントを買収した大企業家チャーリー・ブルードーン、アル・カポネの弁護士経歴を持つ法曹家シドニー・コーシャック等を後ろ盾に、自らの勘と才能を頼りにリスキーな映画製作へ。

1967年、アイラ・レヴィンのベストセラー「ローズマリーの赤ちゃん」映画化で、ポーランド出身のロマン・ポランスキーを監督に起用。幼時ユダヤ人としてナチス迫害を受け、今また祖国の共産主義政権の圧迫を受けていたポランスキーとはウマが合った。作品は大成功するが、翌年ポランスキーの留守邸をヒッピー集団が襲撃、妻シャロン・テイトを始め居合わせた全員が無惨に虐殺される。エヴァンズ自身も邸に招かれていたが、編集作業が長引き九死に一生を得た。「さよならコロンバス」にアリ・マッグローを抜擢、続く「ある愛の詩」でも共に仕事をし恋に落ち1969年に結婚。1971年、長男ジョシュア誕生。この頃「ゴッドファーザー」に全力投球し、出産直後の妻と殆ど顔を合わせられず、監督フランシス・コッポラと戦い続ける日々。やがてアリは「ゲッタウェイ」共演のスティーヴ・マックィーンの下へ。多大な犠牲を払い完成した「ゴッドファーザー」はアカデミー賞受賞。以後も「チャイナタウン」「マラソンマン」「ブラック・サンデー」と話題作を作る。

公私共に忙しい日々はエヴァンズを疲労させ、遂に彼はドラッグに手を出し、1980年、兄チャールズがコカイン購入罪で逮捕され、自身もコカイン所持で有罪。後ろ盾となってきたブルードーン、コーシャック、政治家ヘンリー・キッシンジャー等との関係も危うくなるが、その最中にも「コットンクラブ」製作を発表。監督はエヴァンズ自身で「ゴッドファーザー」以来のコッポラが脚本に協力となるが、主演リチャード・ギアの希望でコッポラが監督。脚本が仕上がる気配は無く、多くの火種を抱えながら何とかスタートラインに漕ぎ着け・・その後も、トラブルは続く(執筆中、現役なため)。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

本51・・ハムレット

ハムレット・・ウィリアム・シェイクスピア著

51oi8l2bdfsl__sx230_シェイクスピア四大悲劇の一つ。

デンマーク王が急死。王の弟クローディアスは王妃と結婚し、跡を継いでデンマーク王の座に就く。父王の死と母の早い再婚とで憂いに沈む王子ハムレットは、従臣から父の亡霊が夜な夜な城壁に現れると聞く。亡霊に会ったハムレットは、父の死がクローディアスに因る毒殺だったことを知る。

復讐を誓ったハムレットは狂気を装う。王と王妃はその変貌振りを憂慮するが、宰相ポローニアスは、その原因を娘オフィーリアへの実らぬ恋ゆえと察する。父の命令で探りを入れるオフィーリアをハムレットは無下に扱う。やがて王が父を暗殺したという証拠を掴んだハムレットだが、誤ってポローニアスを殺害。オフィーリアは度重なる悲しみの余り狂い、やがて溺死。ポローニアスの息子レアティーズは父と妹の仇を取ろうと怒りを燃やす。

ハムレットの存在に危険を感じた王はレアティーズと結託し、毒剣と毒入りの酒を用意してハムレットを剣術試合に招く。しかし王妃が毒入りと知らずに酒を飲んで死に、ハムレットとレアティーズ両者とも試合中に毒剣で傷を負う。死にゆくレアティーズから真相を聞いたハムレットは王を殺して復讐を果たし、事の顛末を語り伝えてくれるよう親友ホレイショーに言い残し、死ぬ。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

機織り・・その30

090606_34_002 5枚で3セット(+無地1本)その4の①

この季節らしい朝顔、季節感があるのは、だが。七宝をバックにベージュ地。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

映画71・・ハチ公物語

ハチ公物語(1987・日本)

Img_953971_17349161_0監督・神山征二郎、出演・仲代達也、八千草薫、山城新吾、加藤登紀子・・

秋田県大館の近藤家で、牝犬アカが4匹の仔犬を出産。純粋な秋田犬誕生の報告が県庁の土木課長の間瀬に届き、一匹をプレゼントすると東京の大学教授、上野秀次郎宅へ知らせる。一人娘の千鶴子は大喜びし、温泉に行っている両親に電話をするが、難色を示される。昔飼っていた犬の死以来、生き物を飼うのに反対なのだ。千鶴子が押し切り、秋田犬が到着する日、彼女は外務省勤務の婚約者、森山とデートに。犬嫌いの書生が植木屋の菊さんに頼み一緒に渋谷駅へ。到着した仔犬はグッたりしていたが、上野家に連れ帰り、教授がミルクを鼻先に置くと元気に起き上がる。面倒を見ると約束した千鶴子は妊娠、結婚式を挙げ出て行く。仔犬の世話は教授が見る羽目になり名をハチと。ハチはイタズラ盛り、犬にも犬格があると教授はハチに自由な生き方を。教授を渋谷の駅へ送り迎えするのがハチの日課に。雨の日も雪の日も送り迎えするハチの姿を、交番の町田巡査や屋台の焼き鳥屋の留さん夫婦、古川駅長等が温かい眼で見た。ハチの健気さが教授は可愛くて、千鶴子夫婦が孫を連れて来ても、ハチのノミ取りに精を出す。ある朝、教授を駅まで送り戻ったハチは悲しげな声で吠えた。同時刻、教授は脳溢血で倒れ帰らぬ人に・・上野家は売りに出され、静子は千鶴子の家へ身を寄せた。ハチは浅草の土建業者の橋本に引き取られるが、何度も抜け出し渋谷の元の家へ。野良犬と化したハチを菊さんが自分の家に。森山はロンドンに転勤、静子は和歌山の実家に。突然、菊さんが亡くなり、ハチには寝ぐらも身寄りも無くなる。毎日、午後5時半に渋谷駅で教授の帰りを待つハチ。それが新聞に。静子がハチを訪ねるが、ハチは彼女の前から姿を消す・・昭和10年3月8日、雪の中でハチは教授を待ちながら13年の生涯を閉じる。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

映画70・・魔女の宅急便

魔女の宅急便(1989・日本)

Majo原作・角野栄子、監督・宮崎駿

魔女の娘は13歳で修行のため独立、という古くからの掟。キキもその一人で今晩が旅立ちの日。

翌朝、黒猫ジジと港町コリコに着いたキキは大都会に夢中。だが、誰も相手にしてくれず落ち込むが、偶然お客の忘れ物を届け、パン屋の女主人おソノの好意で、店先を借りて宅急便を開業。張り切るが、不注意で配達中のぬいぐるみを森の中に落とす。拾ってくれたのは絵描きの少女ウルスラ。何とか初仕事が無事終ったキキを、少年トンボが飛行クラブのパーティーに招待。孫娘に手作りパイを贈りたい老婦人の手助けで、パーティーに行けず、届け先の娘からは冷たい態度。雨で風邪を引いたキキ、おソノの計らいでトンボとデート。人力飛行機で空を飛びたいというトンボにキキの心も解れる。彼の仲間に例のパイの少女を見たキキは前より落ち込み、更に魔法が弱まっているのに気付く。ウルスラが訪ねて来、キキの様子を見て自分の家へ誘う。ウルスラと語り合い落ち着きを取り戻したキキは、翌朝あの老夫人からの連絡で屋敷を訪ねる。この間のお礼にケーキを焼いてくれたのだ。テレビのニュースで、飛行船のロープにトンボがぶら下がり飛んでしまったことを知ったキキは屋敷を飛び出し、掃除夫から借りたデッキブラシに乗って現場へ。間一髪でトンボを救けたキキは、人々の歓声の中に降りて行く。

| | コメント (2)

2009年8月 2日 (日)

本50・・転落・追放と王国

転落・追放と王国・・アルベール・カミュ著

Photo1∇「転落」・・パリで有能な弁護士だったクラマンスが、アムステルダムの酒場で出会った見知らぬ男に、5日間に渡り自分の過去を語る。ふとした動機で世を拗ね、オランダの港町に身を潜めて暮らすクラマンス。過去という楽園から現在の地獄(悪夢に満ちたブルジョアの地獄)へと転落して来た「改悛した判事」(自分の悪徳に気付いた時から転落が始まる)で、「悪徳の総合」(虚栄・偽善・放蕩・快楽であり、罪の意識無く自分を潔白と信じ平然と他人を裁く)の一員だと。

∇「追放と王国」・・①不貞(夫の商用でアルジェリアに同行した妻。自分の中の欠落を自覚する妻は、砂漠の広がりや闇に響く犬の咆え声、頑なに沈黙を守るアラビア人、じっと見詰める痩せた駐屯兵の眼差しに心打たれ、それが彼女を駆り立て逃亡へと誘い、耐え難い優しさで夜の流れが浸し始めた時に空と星に向かって己を解放するが、夫のベッドに戻って涙が止まらない)。

・・②背教者(若い僧がアフリカに布教に赴くが、乾きと塩と恐怖の邦に捕らえられ、恐るべき試練を受ける。舌を切られ、物神に仕えさせられ、終には悪意の神をこの世の救い主と信じ悪の支配への協力を誓い、新来の宣教師を自ら進んで撃ち殺そうとする)。

  

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »