« 映画77・・ミヨリの森 | トップページ | 本58・・車輪の下 »

2009年9月 8日 (火)

本57・・狭き門

狭き門・・アンドレ・ジッド著

1題名の「狭き門」は、新約聖書のマタイ福音書第7章第13節に表れる「狭き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし」というキリストの言葉に由来。

早く父を失ったジェロームは、少年時代から夏を叔父の下で過ごすが、そこで従姉のアリサを知り密かな愛を覚える。しかし、母親の不倫等の不幸な環境のために天上の愛を求めて生きるアリサは、ジェロームへの思慕を断ち切れず彼を愛しながらも、地上的な愛を拒み人知れず死んで行く。残された日記には、彼を思う気持ちと、「狭き門」を通って神へ進む戦いとの苦悩が記されていた。

アリサの自己犠牲の精神は美しく描かれているが、ジッドはこの作品を通し、アリサのような自己犠牲に対し批判。

|

« 映画77・・ミヨリの森 | トップページ | 本58・・車輪の下 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画77・・ミヨリの森 | トップページ | 本58・・車輪の下 »