« 本68・・トニオ・クレーゲル、ヴェニスに死す | トップページ | 本70・・愛と同じくらい孤独 »

2009年10月 9日 (金)

本69・・桜の園・三人姉妹

桜の園・三人姉妹・・アントン・チェーホフ著

41kekszopll__sx230_∇「桜の園」・・南ロシアの地主であるラネーフスカヤ夫人は夫と死別後、息子の死などもあり愛人とパリで暮らしていたが、愛人に裏切られ、経済的にも行き詰り古い領地に帰って来る。その領地も抵当に入っており破産目前。美しい「桜の園」を舞台に、旧地主や貴族階級の没落とそれに取って代わる新興ブルジョワジーの台頭。急変して行く現実を理解せず華やかな昔の夢に溺れたため、先祖代々の土地を手放さざるを得なくなった、夕映えの如く消えゆく貴族階級の哀愁を描く。

∇「三人姉妹」・・単調な田舎の生活の中で、モスクワに行くことを唯一の夢とする三人姉妹が、仕事の悩みや不幸な恋愛などを乗り越え、真に生きることの意味を理解するまでの過程を描く。人間の美しい夢が、俗悪な、日常的な現実の中で次第に萎んで枯れ果てて行くが、悲劇的な基調と喜劇的な色彩の交錯した、一種混合的な人生劇となっている。

|

« 本68・・トニオ・クレーゲル、ヴェニスに死す | トップページ | 本70・・愛と同じくらい孤独 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本68・・トニオ・クレーゲル、ヴェニスに死す | トップページ | 本70・・愛と同じくらい孤独 »