« 本72・・サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 | トップページ | 映画84・・マイケル・コリンズ »

2009年10月30日 (金)

本73・・知られざる傑作

知られざる傑作・・オノレ・ド・バルザック著

51v67s4qeyl__sx230_∇「恐怖時代の一挿話」・・ルイ16世の首が打ち落とされた翌日、パリの冬の真夜中、生命の危険を冒して執り行われる追悼のミサ。しがなく屋根裏部屋に暮らす神父と二人の修道女の所へ見知らぬ男がミサを依頼しに来る。彼は首切り役人で己の贖罪も兼ねていた。

∇「ざくろ屋敷」・・ロワーヌ河を見下ろすトゥレーヌ州の「ざくろ屋敷」に、ヴィレムセンス夫人と二人の息子が移り住む。二人は母の言いつけを守る純真な子供達であったが、病で日一日と死に向かう夫人は上の息子ルイに遺言・・自分の亡き後、二人には僅かな金しか残らず屋敷も出て行かなくてはならぬ、と。弟マリーを中学に入れ、古い家政婦に金を託し弟を見守ってもらい、自分は船に乗りいずれ出世して戻ると答えるルイ。母は名家の出ながら心ならずも親元を離れ夫もなくしめやかに葬られる。

∇「知られざる傑作」・・芸術の無限と人間性の限界との衝突。「芸術の使命は自然を模写する事ではなく、これを表現する事にある」という信念で、一つの作品「美しき諍い女」に10年の精進を捧げた老画家が、限りなき理想と限りある人間の力量との隔絶に絶望し、終に心血を注いだ画布を焼き捨て自殺。

|

« 本72・・サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 | トップページ | 映画84・・マイケル・コリンズ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本72・・サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 | トップページ | 映画84・・マイケル・コリンズ »