« 本91・・嘲笑う闇夜 | トップページ | 映画88・・悪魔のような女 »

2009年11月23日 (月)

本92・・阿片

阿片・・ジャン・コクトー著

Zu081117131924年、ラディゲの死による寂寞の地獄に落ち込み、人生にも芸術にも興味を失ってしまったコクトーを救おうと、友人ルイ・ラロアが勧めた「阿片」の世界。「当時の僕は、絶体絶命の窮地にあった。二つの自殺の内、手軽な方を選んだ」と回想したコクトー。この、自殺の心算で始めた阿片が、彼の最も重要な芸術活動に影響を与え「恐るべき子供達」「オペラ」を産む。コクトーは、阿片から最小の犠牲から最大の美徳を引き出すべく利用し、廃人とはならずに済んだ。阿片の弊害が出始めた頃、友人達の勧めで療養院に入院し解毒治療を始め、この「阿片」は、入院中に書かれたノートとデッサンから成る阿片脱出の日記であるが、治療の過程を描いているのではなく、文章論・精神論・創作論について述べる、自己探求の書。

コクトーは、後も阿片と手を切ったわけではなく、適当に愛用し、作家・劇作家・映画監督として多彩な活躍をした。

|

« 本91・・嘲笑う闇夜 | トップページ | 映画88・・悪魔のような女 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本91・・嘲笑う闇夜 | トップページ | 映画88・・悪魔のような女 »