« 本100・・冷血 | トップページ | 機織り・・その34 »

2009年12月29日 (火)

本101・・ファウスト

ファウスト・・ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ著

51seqpz256l__sl500_aa240_長編の戯曲で、全編を通して韻文で書かれ二部構成。15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われるドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きに、ゲーテがほぼその一生を掛けて完成。

第一部・・学問と知識に倦んでいたファウストが悪魔メフィストフェレスと出会い、あの世での魂の服従を交換条件に、現世であらゆる人生の快楽・悲哀を体験させるという約束をする。ファウストは素朴な街娘マルガレーテ(愛称グレートヒェン)と恋をし、子供を身ごもらせる。そしてメフィストに唆され、逢瀬の邪魔になる彼女の母親を毒殺、彼女の兄も決闘の末に殺す。そして魔女の祭典「ワルプルギスの夜」に参加し帰って来ると、嬰児殺しの罪で逮捕された彼女との悲しい別れ(処刑)が待っていた。

第二部・・皇帝に仕えることにしたファウストは、メフィストの助けを借りて経済再建を果たす。その後、絶世の美女ヘレネーと美男パリスを求め、ギリシャ神話の世界へと、人造人間ホムンクルスやメフィストと共に旅立つ。ファウストはヘレネーと結婚し一男をもうけるが、血気にはやるその息子は死ぬ。現実世界に帰って来た後、ファウストは皇帝を戦勝に導き、報土を貰う。海を埋め立てる大事業に取り組むが、灰色の女「憂い」によって失明させられる。「時よ、とどまれ」と口にしたファウストは、メフィストと手下の悪魔が墓穴を掘る音を、民衆のたゆまぬ鋤鍬の音だと勘違いしながら死ぬ。その魂は、かつての恋人グレートヒェンの天上での祈りによって救われる。

|

« 本100・・冷血 | トップページ | 機織り・・その34 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本100・・冷血 | トップページ | 機織り・・その34 »