« 本120・・ハプスブルクの涙 | トップページ | 機織り・・その36 »

2010年2月25日 (木)

本121・・オーランドー

オーランドー・・ヴァージニア・ウルフ著

9784480034298_2英国ケント州の小さな町・セヴノークスに、700年以上前から「ノール(丘)」というオーランドーの館がある。ノールは、高僧たちの住まいであったがヘンリー八世に贈られ、後にエリザベス一世が従弟のトマス・サックヴィルに贈与して以来、1946年までの4世紀余りサックヴィル家のもので、エリザベス朝の頃は英国最大の広大な私邸であった。オーランドーは、ヴィクトリア・サックヴィル=ウェスト(ヴィタ)がモデルと云われる。

菫色の瞳を持つ美少年オーランドーは、館を訪れたエリザベス一世に薔薇水の鉢を捧げる。女王は館を少年の父親に贈り、やがて少年は女王の寵臣に。ロンドンの宮廷でのスキャンダルと失恋(婚約者がいながら、ロシアの姫君サーシャに振られる)。失意のオーランドーは館に籠り、7日間の眠りから覚め悲劇を書き捲るが、ルーマニアの皇女に付き纏われ、大使としてトルコに逃げ活躍する。暴動が起こり再び7日間の眠りの末、女に変身。ジプシーの仲間入りをし、望郷の念で英国に帰郷。人生と恋を求めて18世紀のロンドン社交界に出入りする内、文士達のパトロンに。19世紀のオーランドーは、ヴィクトリア朝の時代精神に侵され感傷的なヘボ詩しか書けない。結婚病に掛かり、海の男と結婚するが男は海に去り、オーランドーは館に籠り詩作に励む。16世紀以来書き続けて来た詩集「樫の木」が完成し出版、文学賞受賞。20世紀、男児を出産し36才になったオーランドーは、車でロンドンに買い物に出、やがて飛行機で帰ってきた夫を迎える。両性具有の幻想。

|

« 本120・・ハプスブルクの涙 | トップページ | 機織り・・その36 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本120・・ハプスブルクの涙 | トップページ | 機織り・・その36 »