« 本131・・自由への道 | トップページ | 本133・・かもめ・ワーニャ伯父さん »

2010年3月29日 (月)

本132・・赤と黒

赤と黒・・スタンダール著

516m5vj1n7l__sl500_aa300_貧しい木こりの子として生まれ、ごうつくな父親に蔑ろにされる主人公ジュリアン・ソレルは、ナポレオンを崇拝する、自尊心の強い野心に満ちた美しい青年。初めはナポレオンのように軍人としての栄達を目指すが、王政復古の世では願いもままならず、次は羽振りの良い聖職者を目指す。

18才、ジュリアンの頭脳明晰さを買った町長・レナールの子供達の家庭教師に。やがてレナール夫人と恋に落ちるが、匿名の手紙でレナールが2人を疑い出す。夫人はジュリアンを庇い、彼を神学校に送り込む。神学校に進んだジュリアンは、そこでも明晰さと記憶力の良さを校長のピラール神父に買われ、神父の離職と共に大貴族のラ・モール侯爵の秘書に推薦される。ラ・モール侯爵家令嬢の傲慢なマチルドに見下されたジュリアンは、マチルドを征服しようと心に誓う。マチルドも取り巻きの貴族達にはないジュリアンの情熱と才能に惹かれ、2人は激しく愛し合うが、マチルドの気紛れで覚束ない時を過ごす。ジュリアンの子を妊娠し、彼に付いて行く事にしたマチルドは、2人の関係をラ・モール侯爵に告げる。侯爵は反対するが、マチルドが家出も辞さない覚悟を見せ、ジュリアンをとある貴族のご落胤とし、陸軍騎兵中尉に取り立てる。レナール夫人にジュリアンの身元照会の手紙を送る。レナール夫人はジュリアンとの不倫の関係を反省し、贖罪の日々を送っていたため、聴罪司祭の言うままに「ジュリアン・ソレルは良家の妻や娘を誘惑し出世の踏み台にしている」とラ・モール侯爵に返事。侯爵は激怒、ジュリアンとマチルドの結婚を取り消す。レナール夫人の裏切りに怒ったジュリアンは、教会で待ち伏せし彼女を射殺しようと。ジュリアンに殺されるのなら本望だったレナール夫人は一命を取り留めるが、ジュリアンは捕らえられ裁判に。マチルドはジュリアンの助命に奔走するが、関係者達が裏切り死刑判決。レナール夫人がジュリアンを愛し、ラ・モール侯爵への手紙は本意でなかったと知ったジュリアンは、自ら死刑を受け入れる。マチルドはかのマルグリットのように、ジュリアンの首を切り口付けをし、ジュリアンの親友と共に彼を埋葬。ジュリアン亡き後、後追いしないと約束したレナール夫人は、3日後、子供達に囲まれ亡くなる。

野心的な青年ジュリアンの目を通し、来るべき七月革命を恐れながら、堕落した生活を送る王政復古下の聖職者や貴族階級の姿を余す所なく表し、支配階級の腐敗を鋭く衝いている。

|

« 本131・・自由への道 | トップページ | 本133・・かもめ・ワーニャ伯父さん »

」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~ 27年前と表紙が変わっていないsweat01
この作品には思い入れがあってねぇ…sweat02
高校3年生の時の夏休みの現国の宿題で、感想文を
書かされたのよぉ~pencil
その後、宝塚歌劇団でも上演されましたshine
好きな作品の一冊ですbook

投稿: カンナ | 2010年4月 2日 (金) 17時31分

こんにちは!

そうねぇ、やはり思春期の頃に一度は読んでいるのよね♪
でも、デテールについては結構忘れちゃっていました(^^ゞ
文学モノって読むのに体力が要るから、
やはり「べき」時に読んでおいた方がいいのでしょうね(^^

投稿: 時雨 | 2010年4月 2日 (金) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本131・・自由への道 | トップページ | 本133・・かもめ・ワーニャ伯父さん »