« 本139・・青い鳥 | トップページ | 本141・・O・ヘンリ短編集(一) »

2010年4月25日 (日)

本140・・トリコロール/青の愛/白の愛/赤の愛

トリコロール/青の愛/白の愛/赤の愛・・キェシロフスキ&ピェシェヴィチ著

51gikibs4vl__sl500_aa300_☆「青の愛」・・パリ。愛する夫と娘を車の事故で失ったジュリーは、全てがブルーな(子供部屋の色やシャンデリア)色合いの中で自己を回復するために家も別荘も売り払い、マットレスしかないがらんどうの部屋で、夫との共通の友人であるオリヴィエと一夜を共にする。次の日から独り移り住み、夫に愛人がいて身重であることを知る。今はオリヴィエのところにある青いマットレスへ・・

☆「白の愛」・・ワルシャワ。雪のように白い肌のドミニクは、美容師であるポーランド人のカロルの、髪への指使いに惹かれ結婚。カロルは、ポーランドを捨てドミニクと暮らし始めるが、フランス語が出来ないためアイデンティティを失いがちで不能になる。ドミニクはそんな夫が物足りず離婚裁判に持ち込み、カバン一つでカロルを追い出す。何とかポーランドに戻れたカロルは、以前の店で働きながらドミニクの気を惹くために非合法まがいで金を貯めたり、ドミニクの気持ちが戻ってこないと知るや、自分が死んだことにし遺産を譲ると連絡させるが、殺人の罪をドミニクに被せるためだった。自分の葬式で泣くドミニクを見て計画を取りやめようとするが、ポーランド語が出来ないドミニクは捕らえられる。二人のアイデンティティは・・

☆「赤の愛」・・ジュネーヴ。優しい赤が似合うモデルのヴァランティーヌは、あちこちを飛び回るジャーナリストのミシェルと恋に落ちるが、なかなか逢えないため擦れ違い始める。判事を目指す学生のオーギュストには年上の恋人がいるが、合格した頃恋人の裏切りに遭う。ヴァランティーヌは犬を轢いてしまった事で知り合った、その飼い主の盗聴マニアの元判事に惹かれて行くが、ミシェルに逢うためロンドンに向かう。元判事も、ヴァランティーヌと出合ったことで盗聴を止めるべく自首し・・

エピローグ・・イギリスとの間のドーバー海峡で、大型フェリーが沈没し大惨事に。救助された7名の名は、フェリーのバーテンの他、ジュリー、オリヴィエ、カロル、ドミニク、ヴァランティーヌ、オーギュスト。ニュースでは、ヴァランティーヌとオーギュストの映像が大写しに。

|

« 本139・・青い鳥 | トップページ | 本141・・O・ヘンリ短編集(一) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本139・・青い鳥 | トップページ | 本141・・O・ヘンリ短編集(一) »