« 映画105・・アメリ | トップページ | 機織り・・その39 »

2010年5月27日 (木)

本149・・犯罪文学傑作選

犯罪文学傑作選・・エラリー・クイーン編

51wg6k8j95l__sl500_aa300_☆「園遊会まえ」W・サマセット・モーム著・・ある日の園遊会を前にして、娘の夫の実際の死の経緯が明かされる。アル中の精神錯乱で自殺と発表されたが、事実は発見者の娘が夫の酒に耐え切れず殺していた。聞かされた家族は一様に動揺するが、体裁を繕うため園遊会に出掛ける。

☆「シャ・キ・ペーシュ亭の殺人」エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー著・・レストランの店主の男。近頃はめったに客が来ない。ある日、客に提供するため名前をつけていたウナギを捌いたことで、男と駆け落ちしていなくなった妻を、実は自分が川のボートで溺死させたのを思い出し、錯乱が始まる。

☆「モナ・リザの微笑」オールダス・ハックレー著・・病弱な妻を持つ男には、若い恋人や話せる年上の女友達もいる。女友達が彼の家に招かれた後、彼は出掛けるが戻ると妻が死んでいた。その後若い恋人と結婚したことで、嫉妬した女友達が彼を妻殺し(毒殺)で告発。新しい妻までが彼を疑い、裁判は不利に進行。元の妻の罹りつけの医師が、女友達の罪を見抜き彼女も認める。

☆「評決」フランク・スウィナトン著・・才能ある女優だった女の弁護士である夫が、彼の妾だった金持ちの老婆殺しで逮捕される。献身的に毎回法廷に現れる彼女を見て、陪審員達が夫を無罪に。夫は東洋に出奔し、彼女は姿を消す。女が女優に復帰しようとした矢先、夫が戻ることを知り衝動的に川に車で突っ込む。一番身近にいた友人は、裁判の評決が下った時の、何故か呆然として絶望的に驚愕した女の表情を思い出していた。

☆「アン・エリザベスの死」ファニー・ハースト著・・40才の妻が妊娠し、高齢初産のためか、妊娠中に少しずつ妄想が高じ狂気の片鱗を見せるが、誰からも守り抜いて欲しいと夫に訴え、出産と引き換えに死ぬ。娘が17才になり結婚したいと言い出された父は、手元に置いて娘を守るため反対する矢先、母と同じような娘の狂気を知り、自殺した娘の裁判で、苦悩の内に娘殺しで服罪すると発言する。

☆「修道士」ウィリアム・フォークナー著・・不幸な生い立ちの、先天的な白痴の男が殺人の罪を問われ、少壮気鋭の検事と素人同然の弁護士のもと終身刑となり服役。5年後に濡れ衣に因る無実と判り赦免されるものの、刑務所の生活に馴染み、所長を慕っていた男はこれを拒否。その1週間後に所長を射殺し、間も無く絞首台の露に・・同房にいた囚人に誑かされ、「自由の天地を耕すため」の名の下、自由を奪い鍵で囲っている所長を殺すに至った。

|

« 映画105・・アメリ | トップページ | 機織り・・その39 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画105・・アメリ | トップページ | 機織り・・その39 »