« 映画123・・第三の男 | トップページ | 映画124・・誰がために鐘は鳴る »

2010年7月11日 (日)

絵画20・・ウジェーヌ・ブーダン

ウジェーヌ・ブーダン(1824~1898)

フランス画家。印象派の先駆的風景画家。戸外での外光表現や、大気・天候の変化、水に反射する光などを軽快な筆致で描く。多くの芸術家から称賛、ボードレールは自然観察の正確さと詩的印象を讃え、コローからは「空の王者」と。1858年、当時18才のモネがブーダンと出会い印象主義絵画開拓へ。

La_plage_trouville Beach_of_trouville On_the_beach_sunset The_beach_at_villerville The_beach_trouville    

|

« 映画123・・第三の男 | トップページ | 映画124・・誰がために鐘は鳴る »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画123・・第三の男 | トップページ | 映画124・・誰がために鐘は鳴る »