« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

絵画36・・キャロル・コレット

キャロル・コレット(1945~)

カナダ画家。オンタリオ美術大学後イラストレーター、スイスで版画技術を学ぶ。一瞬訪れる光と陰のバランスを制御し自然に表す技法を研究、明るさを秘めた色鮮やかな作品を生む。

Spring_morning_mist Winter_evening_2 Mailboxes   December_iii_2

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

絵画35・・アンドリュー・ワイエス

アンドリュー・ワイエス(1917~2009)

アメリカ画家。アメリカン・リアリズム。心身共に虚弱で、学校教育を受けず家庭教師に学ぶ。絵の師はイラストレーターだった父親。自宅の生地と、別荘以外には旅行もせず、テーマは2つの場所の風景とそこに暮らす人々。

Crystal_lamp_2  Around_the_corner The_wood_stove_4 Wind_from_the_sea

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

絵画34・・平山郁夫

平山郁夫(1930~2009)

広島出身。現東京藝大で前田青邨に学び、助手を務めていた59年頃院展入選。日本美術院理事長、東京藝大学長。現代日本画壇の最高峰に位置し、作品価格は飛び抜けて高い。原爆での被爆経験が後の「文化財赤十字」活動の原点。テーマが仏教東漸の道と文化の西と東を結んだシルクロードへの憧憬。

Taj_mahal_2 Silk_road_2 Prayer_3  

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

絵画33・・いわさきちひろ

いわさきちひろ(1918~1974)

福井生まれ。14歳で岡田三郎助に学ぶ。左利きで、子供の水彩画に代表される画家・絵本作家。夫は日本共産党元国会議員松本善明。

Danro_neko Ningyohime Umi

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

絵画32・・ジョン・コリア

ジョン・コリア(1850~1934)

イギリス画家、著作家。ラファエル前派。スレイド美術学校でポインターに、パリでローランスに学び、ミュンヘンで修行。70年からアカデミー出品。肖像画や神話・文学・歴史・風俗画等多岐に渡る。

Lady_godiva A_glass_of_wine_with_caesar_borgi_3 Trouble The_sinner The_confession

 

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

絵画31・・ジョルジュ・スーラ

ジョルジュ・スーラ(1859~1891)

フランス画家。78年ボザールに入るが1年後兵役。印象派の筆触分割技法を進め、光学的理論を取り入れ、点描技法に辿り着く。完成作を仕上げるまでに多数の素描や下絵を制作し入念に構想を練る。制作方法や31才の若さで没したことで、作品数は少ない。

Sunday_afternoon_on_grande_jatte The_seine_at_courbevoie_2 Angelica_at_the_rock_2 Fortsamson_grandcamp_3 The_channel_at_gravelines_evening_2  

 

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

絵画30・・サルボ

サルボ(1938~1990)

イタリア画家。本名Giorgio・Zuppini。61年カステロ・スフォルツェスコ美術学校で金賞。70年頃から個展開催、75年頃から年の半分をエーゲ海の島々で過ごし、抜けるような空と海の青さ(サルボブルー)を描く。90年事故で逝去。

Romantic_cats Aegean_highnoon Afternoon_terrace Morning_sun_light

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

絵画29・・ジャン=L・ジェローム

ジャン=L・ジェローム(1824~1904)

フランス画家。歴史や東方を題材に描く。41年パリでP・ドラローシュの下で働きイタリア旅行にも同伴。54年オスマン帝国とドナウ川沿岸を旅行、57年エジプト訪問。65年フランス学士院メンバー。後進も多数。

Pygmalion_and_galatea Verite The_duel_after_the_masquerade Phryne_before_the_areopagus The_death_of_caesar

 

 

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

絵画28・・ジェームズ・ティソ

ジェームズ・ティソ(1836~1902)

フランス画家。パリ国立大学でフランドランに学び、ドガと親交。70年普仏戦争に参戦、71年パリ・コミューンで戦いロンドンに亡命。中世の舞台や物語を描き、Rアカデミーに社交界の絵を出品し成功。その後、パリに戻り宗教画。

Room_overlooking_the_harbour_2 Annunciation_2 The_thames_2 The_birth_of_our_lord_jesus_chris_2 The_ruins

 

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

絵画27・・J・エヴァレット・ミレイ

J・エヴァレット・ミレイ(1829~1896)

イギリス画家。ラファエル前派。11才、アカデミー付属美術学校に最年少入学。52年アカデミー展「オフィーリア」(ロセッティの妻エリザベス・シダルがモデル)が高評価、63年「初めての説教」でメンバー。孫息子を描いた「シャボン玉」は、後に石鹸広告に。

Huguenot_lovers Ophelia The_princes_in_the_tower For_the_squire Bubbles

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

本161・・なしくずしの死

なしくずしの死・・ルイ=フェルディナン・セリーヌ著

519w4gpn0yl__sl500_aa300_命の無い「書き言葉」によって「話し言葉」の躍動感を再現するために文法無視で世俗的にし、テーマは自分が巻き込まれた歴史の現場で必要に応じて置き換えを生す。セリーヌの見た現実とは、戦争や貧困、病や不幸ゆえの憎しみ、それら全ての根底にあり常に存在する世界の悪の意志。

その絶望と怒りの底には、声無き弱者への慈しみも宿り、「生来負債として負わされている死を、なし崩し的に支払っていくしかない」と謳う、狂墳と哀しみとユーモアに彩られる。

当時の西欧では特別な存在ではなかったが、セリーヌは人種主義者の本性を顕しユダヤ的なるものを世界の病根であると見た。人種主義は、あらゆる邪悪と共に人の心に巣食う治癒不能な病で、現在に於いても理性ではその顕現を認めず差別と闘うが、それは何よりも己の内なる病との闘いであり抑圧の解放に他ならない、と。

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

絵画26・・フランツ・シュトゥック

フランツ・シュトゥック(1863~1928)

ドイツ画家。81年からミュンヘンアカデミーで学ぶ。クノップフやベックリンの影響。92年ミュンヘン分離派の創始者の一人。95年からミュンヘン美術院教授。社交界の中心人物。

The_sin The_murderer_2 Lucifer Mary_2   Medusa

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

機織り・・その41

100130_37_0065枚で3セット(+無地1本)その7の③

色地を入れた円柄。少し遊んでみた。

| | コメント (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »