« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

本168・・世界最終戦争の夢

世界最終戦争の夢・・H・G・ウェルズ著

60706☆「盲人の国」・・エクアドルのアンデス山脈の奥深くの谷間に、土砂崩れに因り外部世界から隔絶された場所があり、時間を経る内に奇病が流行り、村人は徐々に視覚を失い終には盲人だけになる。長い時を経て、 壮健な登山ガイドのヌネスが滑落し村に迷い込む。村人の全員が盲人であることを知ったヌネスは、英国の諺である「盲人の国では片眼の者でも王様だ」を思い出し、自分の優位性を考え自らを王様となるべき人間と考えた。この社会の特徴は一日が昼と夜でなく、暖時と寒時に分けられ、暖かい暖時に眠り寒い寒時に働くのが村の習慣、全員が盲人となって久しいため「見る」という言葉が無く、生活や労働の環境は視覚でなく聴覚や皮膚感覚などを前提とする。これは主人公ヌネスが持つ視覚を活用するのには不都合で、灯りの無い夜間は視覚に頼り難いため移動等に不利で、闇夜に歩道を外れるなどの失敗もあり馬鹿者扱いされる。この村社会では「見る」という概念を認識させることが不可能で、彼は逆に社会的ハンディキャップを負う。ヌネスはその国の一人の美しい女性と愛し合うようになるが、彼女は皆から「あの男は白痴で、妄想ばかりで何一つまともなことは出来ない」と反対される。彼等は眼と呼ばれる奇妙なものは顔に柔らかい窪みを作るために在るだけで、ヌネスの場合はそれが脳に悪い影響を与えるとし、簡単な外科手術でその物体を除去し、二人を結婚させようとする。手術が行われる直前、ヌネスはこの村を独り脱走する。

☆「故エルヴシャム氏の物語」・・ロンドン大学の医学生・イーデンは、幼くして両親を亡くし叔父に養子として引き取られるが、その叔父も四年前に死亡し、その遺産と奨学金でかろうじて医大に通う。住居は下宿先の小さな二階部屋で、隙間風が吹き通る有り様。貧乏学生のイーデンに、ある日見知らぬ老人が、自分の遺産を総て相続して欲しいと申し出る。一つだけ条件があり健康状態を調べさせてくれと。イーデンはその条件を承諾し、老人の指示に従って徹底した肉体の検査を受ける。その検査結果に老人は大いに満足し、初めて自分の身分を明らかにする。老人エルヴシャムは世界的に有名な哲学者。イーデンは遺産と共に、その大哲学者の名前までも受け継ぐことに。死期が近いと悟った老哲学者は、自分の総てを若くて頑健な医学生に譲渡することにしたのだ。その祝いの席で、老人はポケットから小さな紙包みを取り出し、天国(ヒンメル)になるからとピンク掛かった粉を酒のグラスに入れ、二人は乾杯。怖い夢で目を覚ましたイーデンは自分が老人の家にいることに気付き、自身があの老人そのものになっていることに愕然とする。老人は自身の知識や知恵をイーデンの若い脳に移し換えその若い身体を乗っ取り、イーデンには老人の家の鍵も貨幣一枚も証拠さえも残さなかったのだ。唯一残されていたのは「解放」と書かれた薬の小瓶だけ・・老人の遺産はイーデンに寄贈されていた。が、エルヴシャム(イーデン)が自殺を遂げる少し前、イーデン(エルヴシャム)は辻馬車に撥ねられ即死していた。

 

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

絵画74・・ポール・G・フィッシャー

ポール・G・フィッシャー(1860~1934)

デンマーク画家。父親に手解きを受け、王立アカデミーに学び都会の生活を描く。1891~95年パリで名声を得、ドイツやイタリア等の市外も描く。

Copenhagen_by_night The_name_is_not_known Vesterbrogade Snow_in_copenhagen On_the_bench

Dame_in_rot

 

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

絵画73・・ハーバート・ドレイパー

ハーバート・ドレイパー(1863~1920)

ラファエル前派・イギリス画家。セントジョンズウッド美術学校後、1884年Rアカデミーで学び90年金賞、パリのジュリアンで学ぶ。海や自然をドラマティックに描く。「イカロスの哀悼」は国家買い上げ。

The_gates_of_dawn The_sea_maiden Flying_fish Ariadne Lamia

 

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

絵画72・・A・ヴァン・ダイク

A・ヴァン・ダイク(1599~1641)

バロック期・フランドル画家。1616年~20年頃までルーベンスの工房で助手。師のルーベンスやティツィアーノ等ヴェネツィア派の影響。32年イングランドに渡りチャールズ1世の宮廷画家。以後、没するまでイングランドで描く肖像画は後に多大な影響。

Blessed_joseph_hermann Man_in_armour The_virgin_and_child Mozes_and_the_brass_snake The_lamentation_of_christ

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

絵画71・・F・プィゴドゥ

F・プィゴドゥ(1864~1930)

後期印象派・フランス画家。古典を勉強後、イタリアとチュニジアで技術を磨く。1886年、海辺の町ポンエイヴンでドガ等と親交。89年ベルギー国立芸術協会に出展。夕焼け・カーニバルなどの夕暮れ風景が高評価。晩年は抑鬱でアルコール中毒となり死去。

Nightime_procession Procession_at_nenvic Breton_girls_with_lanterns Fete_a_pont_aven The_trellis_by_the_river      

 

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

絵画70・・J・オールデン・ウィアー

J・オールデン・ウィアー(1852~1919)

印象派・アメリカ画家。テンアメリカの一人。1870年国立デザインアカデミーで学び、73年パリのボザールでJ=L・ジェロームに師事。パリサロンや万博に出展、77年帰国、80年以降はコネチカットのアート学生リーグで教鞭。1912年デザインアカデミー学長。

Union_square Face_in_shadow Lady_in_white_2 The_bridge_nocturne  

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

絵画69・・アルベール・ベナール

アルベール・ベナール(1849~1934)

フランス画家。1866年ボザールでカバネルに師事。68年19才でサロン初入選、74年ローマ賞。81年からイギリスでアカデミー出展、ラファエル前派を知りアカデミズムから象徴主義へ。79年以降サロン出品で無審査資格、1914年ローマのフランス・アカデミー院長、22年ボザール学長、24年アカデミーメンバー。

La_mort_de_timophane_2 Suicide_2 Le_pendu Etude   Love_3  

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

絵画68・・ギュスターヴ・ド・ヨンゲ

ギュスターヴ・ド・ヨンゲ(1829~1893)

アカデミズム絵画のベルギー画家。ブリュッセルで学び始め、1850年頃パリに移りサロン常連。上流階級の優雅な女性をモチーフに描く。巧みに描き込まれた小物の物語性を感じさせる配置等に優れ名声を得る。

Changeable_weather_2 Kind_heart Unknown Gedanken_beim_verfassen_des_briefes  After_a_walk

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

絵画67・・ピーター・モッツ

ピーター・モッツ(1934~2003)

オランダ画家。幼少から自然界の色彩に魅せられ、画家として独自のスタイルと技法を編む。バーグ派のテクニックを融合させた画風が高評価。1962年から絵に専念。

Somewhere_some_flowers Quiet_waters_2 Overlooking_the_bay Floriade_2 Brunch_4

   

 

 

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

絵画66・・J・アトキンス・グリムショー

J・アトキンス・グリムショー(1836~1893)

イギリス画家。月夜と夕暮れ風景に定評。鉄道事務をしながら独学、1861年ラスキンの目に留まる。80年からチェルシー、ホイッスラー等と知遇。多くが顧客へ直接渡り、74~86年にアカデミー出品は5点。

November_moonlight Elaine Golden_light Pall_mall_and_saint_james_street Yew_court   

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

本167・・ラヴクラフト全集1

ラヴクラフト全集1・・ハワード・フィリップス・ラヴクラフト著

52301☆「インスマウスの影」・・インスマウスは架空の都市で、マサチューセッツ州エセックス郡に属する小さな港町。1643年に建設され、漁業や海運、金の精錬などの産業に拠って大いに栄えていたが、1848年の謎の伝染病で、一夜にして住民の半数以上が死亡。漁場の荒廃なども重なり1920年代までに衰退。この町の住民は蛙に似た独特の容貌を持ち、周辺の住民から忌み嫌われている。これを通称インスマウス面(づら)という。元はバプティスト教会やフリーメイソンなどの宗教があったが、地元で結成されたダゴン秘密教団という宗教団体が勢力を広げ、フリーメーソン会館を寺院として使用していた。

1927年、主人公の青年が自らの家系を調査するために、母方の故郷であるアーカムを訪ねる途中の町インスマウスで足止めになり、そこで遭遇する怪奇と恐怖が描かれる。町を歩き、地元の狂人であるとされる老人に話を訊くと、住人に起きたのは伝染病ではなく、荒廃した町で再び産業で潤うと同時に永遠の命と引き換えに、海底の住人と交配を繰り返して来たのだと聞かされる。追われた主人公が唯一のホテルから命辛々逃げ出し、辿り着いたアーカムで政府の役人に訴えたことで、極秘調査のうえ手入れをし秘密裏に多数の逮捕と処刑が行なわれた。アーカム滞在中に系図を手に入れた主人公は、いつの間にか何処かに隔離された死んだ筈の祖母や従兄弟、母の叔父がインスマウスを訪れた後に自殺していたこと等を知る。自宅に帰ると、海底の住人からもたらされた宝石が叔父の金庫にあったことにショックを受けるが、その深い繋がりを確信し、1年2年経つ内に自らの顔に変貌が現れ始めるに連れ、怖れを抱きながらも祖母のようにいずれは海底を棲家にしようと思うのだった。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

絵画65・・A・カバネル

A・カバネル(1823~1889)

フランス画家。歴史・古典・宗教を描く。17才ボザール入学、1844年サロン初出展。45年、22才でローマ賞。63年フランス学士院メンバー、ボザール教授。65年・67年・78年、最高名誉賞。サロン審査員、教え子も数百人(ベナール、ルパージュ、ジェルベックス、シダネル、マイヨール等)。ブグロー等と、印象派マネ等のサロン展示を拒否し63年の落選展騒動。63年「ヴィーナスの誕生」は、19世紀アカデミック絵画で最も知られナポレオン3世が購入。

Echo Nymph_and_satyr_2   The_evening_angel_2  

Death_of_fransesca_and_paolo_2_2 Fallen_angel Ophelia

Birth_of_venus

Cleopatra_testing_poisons

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

絵画64・・ポール・シニャック

ポール・シニャック(1863~1935)

フランス画家。スーラと並ぶ新印象派の代表。18才で学び始め、1886年の最後の印象派展にスーラと出品。海を愛し、鄙びた漁村のサントロペで描く。寡黙で短命だったスーラに代わり、新印象派の理論を知らしめる。

Houses_in_the_port Sardine_boat Rivers_edge Comblat_castle Saint_tropez

   

 

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

絵画63・・フランク・C・クーパー

フランク・C・クーパー(1877~1958)

ラファエル前派・イギリス画家。1897年Rアカデミーに学ぶ。前派最後の継承者。派の絵画は当時の美術界に絶大な人気を博すが衰退。以後もヴィクトリア朝後期の文学や伝説的具象画の伝統を守る。1899年から60年間アカデミーに出品し、1934年メンバー。

Faustmargaret_tormented Mollyduchess_of_nona St_agnes_in_prison Titania_sleeps Fair_rosamund_and_eleanor  

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

絵画62・・E・バーン=ジョーンズ

E・バーン=ジョーンズ(1833~1898)

イギリス画家。ラファエル前派を画壇の主流に。オックスフォードのエクスターカレッジ(J・ラスキン、W・モリスと出会う)で神学。ロセッティに師事。スタイル発展はラスキン等とのイタリア旅行、聖職者になる筈がモリスの影響でステンドグラス美術の伝統復活。1885年バーミンガム芸術協会長、94年ナイト。98年逝去で、プリンス・オブ・ウェールズ仲介でウェストミンスター寺院で葬儀。

The_evening_star Night Portrait_of_a_young_boy Cupid_delivering_psyche An_angel_playing_a_flageolet

   

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

本166・・マッチ売りの少女

マッチ売りの少女・・ハンス・クリスチャン・アンデルセン著

51bh0z6rxal__sl500_aa300_☆「マッチ売りの少女」・・年の瀬も押し迫った大晦日の夜。小さな少女が一人、寒空の下でマッチを売っていた。マッチが売れなければ父親に叱られるので、全て売り切るまでは家に帰れない。人々は年の瀬の慌ただしさから、少女には目もくれずに通り過ぎて行く。夜も更け、少女は少しでも自分を暖めようとマッチに火を付けた。マッチの炎と共に、暖かいストーブや七面鳥などのご馳走、飾られたクリスマスツリーなどの幻影が一つ一つ現れ、炎が消えると同時に幻影も消えた。流れ星が流れ、少女は可愛がってくれた祖母が「流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なのだ」と言った事を思い出し、次のマッチをすると祖母の幻影が現れた。マッチの炎が消えると祖母も消えてしまうことを恐れた少女は、慌てて持っていたマッチ全てに火を付けた。祖母の姿は明るい光に包まれ、少女を優しく抱きしめながら天国へと昇って行った。新しい年の朝、町の人々が見付けたのは、マッチの燃えかすを抱えて幸せそうに微笑む、少女の小さな屍であった。

☆「旅の仲間」・・愛する父を亡くし身寄りの無くなった信心深いヨハンネスは、不思議な夢を見、葬式を済ませると旅に出る。嵐に遭いお堂に身を寄せると、棺荒らしを見つけ有り金と引き換えに死人を安置する。旅を続ける途中、旅仲間が出来る。夢に出てきた美しい姫に恋をしたヨハンネスは、姫が謎を解けない求婚者を殺すという事にも怖じず求婚する。ヨハンネスが眠っている間に、旅の仲間が三夜続けて姫と魔女の繋がりを暴き、魔女を殺す。ヨハンネスは教えられた通り謎を解き、姫の呪いも解いて目出度く結婚する。感謝するヨハンネスに、旅の仲間は「お棺に安置してくれたお礼だ」と言って消えて行く。

| | コメント (4)

2010年11月 6日 (土)

映画134・・レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル(1957・仏、伊)

51pn7bns0el__sl500_aa300_原作・ビクトル・ユゴー、監督・ジャン=ポール・ル・シャノワ、出演・ジャン・ギャバン、ベルナール・ブリエ・・

ジャン・バルジャン(ギャバン)はツーロンの獄で重労働に従く。一片のパンを盗み五年の刑、脱獄で刑が重くなり19年が過ぎた。出獄後、職を求めて流れ歩き、デイニュで一夜の宿を請うたバルジャンを司教は暖く迎える。朝、彼の姿も銀の食器も無く、彼は憲兵に捕えられて来た。司教は銀器はあげたのだとジャンを保証し、二本の銀の燭台も与え彼の善意の魂を信じると。ジャンは自分を恥じる・・数年後、モンルイユにマドレーヌという慈善家の大工場主が現れ、人望を集め市長に。新任の警部ジャベール(ブリエ)は彼に見覚えが。彼が荷馬車の下から馭者を救け出した時、ツーロンの力持ちのジャンを思い出す。彼は看守の息子だった。ジャンには、不定住と煙突掃除の少年から銀貨を奪った罪で終身懲役が待つ。彼は市長を告発するが、ジャン(別人)は既に捕えられ証言も。マドレーヌは身辺を整理し法廷に名乗り出る。自分に似ていた無実の男を救け出すため。ジャンは脱獄。娼婦ファンティーヌと、その死に際に固い約束があり、彼女の幼い娘コゼットを、欲張りの宿屋の亭主テナルディエから引き取り育てること。ジャベールの追跡を逃れコゼットを連れ出すと、パリの修道院に隠れ住む・・1832年、王党派と共和派の対立でパリの街は不穏。隣室に、コゼットが公園で見掛ける青年マリウスが住む。マリウスは革命派の蜂起に加わり撃たれる。ジャンはコゼットの心を知り、マリウスを救おうとバリケードに行くと、警部ジャベールが捕えられていた。身柄を預かったジャンは彼を逃す。ジャンは傷で失神したマリウスを背負い下水道を伝い逃げる。出口でジャベール等が待っていたが、ジャンはマリウスを祖父の家まで運んだ後に縛に就こうと。ジャベールから何故自分を救けたと訊かれたジャンは「解らないとは可哀想だ」と。外に出るとジャベールの姿がなく、ジャベールは河へ身を投げた。マリウスとコゼットは結婚。ジャンはマリウスに過去を告げ、時々コゼットに会いたいと頼むと、姿を消してくれと。後にマリウスは命の恩人がジャンと知り、コゼットを連れジャンを訪ね許しを乞うが、既にジャンは気落ちで病気に、二人を祝福し亡くなる。その枕頭には、あの二本の燭台、それを何も知らないコゼットに遺す。

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

絵画61・・アーサー・ラッカム

アーサー・ラッカム(1867~1939)

イギリス画家。18才から夜学の美術学校に通い雑誌にスケッチを寄稿。1892年、創刊時の「ウェストミンスター・ヴァジェット」誌イラストレーター、93年から本の挿絵。1906年ミラノ国際美術展、11年バルセロナ国際美術展金賞。

Maid_maleen The_night_before_christmas_3 Ophelia Titania_sleeping

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »