« 絵画169・・ジェシー・W・スミス | トップページ | 絵画170・・ジャック=L・ダヴィッド »

2011年10月26日 (水)

本207・・オリエント急行の殺人

オリエント急行の殺人・・アガサ・クリスティ著

512b768qrml__sl500_aa300_オリエント急行列車に乗り合わせた乗客が積雪に閉じ込められる。翌朝一人の乗客が、体一杯に多数のナイフ傷を受け死んでいた。被害者はアメリカの稀代の幼児誘拐魔。乗客は、イギリス人、アメリカ人、ロシア人、イタリア人、フランス人、スウェーデン人と雑多で、それぞれは縁もゆかりもない。雪のため警察が到着するまでに時間が掛かる。国際寝台車会社の重役に捜査を頼まれ、ポアロの前に乗客が一人ずつ呼ばれる・・あらゆる乗客にアリバイがあり、空いている時期に不釣合いな満員の車両。殺された幼児誘拐魔がアメリカの裁判を逃れ行方を晦まし偽名で乗っていたことから、一つの事件(誘拐された幼児が殺されただけでなく、何人もが命を失った)に基づいて推理していくポアロ。やがて乗客と車掌の12人(陪審員の数と同じで、ナイフ傷も12箇所)が過去の事件と繋がり、それぞれがその事件の被害者であったことから、ポアロは2つの結果を提示。一つは皆で共謀した殺人事件である真相。二つ目は外部からの侵入者による殺人。重役は二つ目の結果の報告を選び、ポアロの出番は終わる。

|

« 絵画169・・ジェシー・W・スミス | トップページ | 絵画170・・ジャック=L・ダヴィッド »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画169・・ジェシー・W・スミス | トップページ | 絵画170・・ジャック=L・ダヴィッド »