« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

本207・・オリエント急行の殺人

オリエント急行の殺人・・アガサ・クリスティ著

512b768qrml__sl500_aa300_オリエント急行列車に乗り合わせた乗客が積雪に閉じ込められる。翌朝一人の乗客が、体一杯に多数のナイフ傷を受け死んでいた。被害者はアメリカの稀代の幼児誘拐魔。乗客は、イギリス人、アメリカ人、ロシア人、イタリア人、フランス人、スウェーデン人と雑多で、それぞれは縁もゆかりもない。雪のため警察が到着するまでに時間が掛かる。国際寝台車会社の重役に捜査を頼まれ、ポアロの前に乗客が一人ずつ呼ばれる・・あらゆる乗客にアリバイがあり、空いている時期に不釣合いな満員の車両。殺された幼児誘拐魔がアメリカの裁判を逃れ行方を晦まし偽名で乗っていたことから、一つの事件(誘拐された幼児が殺されただけでなく、何人もが命を失った)に基づいて推理していくポアロ。やがて乗客と車掌の12人(陪審員の数と同じで、ナイフ傷も12箇所)が過去の事件と繋がり、それぞれがその事件の被害者であったことから、ポアロは2つの結果を提示。一つは皆で共謀した殺人事件である真相。二つ目は外部からの侵入者による殺人。重役は二つ目の結果の報告を選び、ポアロの出番は終わる。

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

絵画169・・ジェシー・W・スミス

ジェシー・W・スミス(1863~1935)

アメリカ画家。地元の美術学校でT・エイキンズに、その後ドレクセルでH・パイルに学ぶ。イラストレーターとして働き、E・グリーンとV・オークリーとは親友。

Books_in_winter North_wind Thoughtful_eyes An_injury Heidi The_senses

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

絵画168・・ニコラ・プッサン

ニコラ・プッサン(1594~1665)

バロック期・フランス画家。修行時代の詳細は無く、1624年ローマで詩人マリーニやバルベリーニ枢機卿、自由思想化ポッツォ等の助力や影響。テーマは古典主義的で思想的背景の歴史や宗教。

The_assumption_of_the_virgin The_judgment_of_solomonThe_abduction_of_the_sabine_women  The_plague_at_ashod

| | コメント (0)

2011年10月20日 (木)

絵画167・・アルバート・フォン・ケラー

アルバート・フォン・ケラー(1844~1920)

スイス出身のドイツ画家。ミュンヘンアカデミーでA・ランベルク等に師事。各国で学び、1870年パリサロンデビュー。92年ヨーロッパで最も影響ある芸術団体、ミュンヘン分離派の創設メンバー。

Seance Dinner_party_3 Time_for_a_sance_2  

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

絵画166・・モーゼ・ビアンキ

モーゼ・ビアンキ(1840~1904)

イタリア画家。1856年からミラノのブレラアカデミーに学び、59年独立戦争参加。1869年ヴェネツィアとパリに学ぶ。ブレラ展示会や73年ウィーン展で成功。

La_vita_semplice La_signora_di_monza_2 After_the_duel_2 Old_milano Paolo_e_francesca    

 

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

絵画165・・G・プレヴィアーティ

G・プレヴィアーティ(1852~1920)

イタリア画家。ミラノのブレラアカデミーで学ぶ。ラファエル前派やモロー等の影響。聖書や文学に基づく神秘的・幻想的な作品。

Paolo_and_francesca_2  Woman_smoking_hashish_2 Ostaggi_di_crema_2  

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

本206・・スリーピング・マーダー

スリーピング・マーダー・・アガサ・クリスティー著

51oodh93usl__sl500_aa300_ミス・マープル最後の事件として知られる、回想殺人がテーマ。

新妻グエンダが、イングランド南西部の海辺の町にヴィクトリア朝風の家を見つけ、一目で気に入るのだが、壁紙の柄や食堂へのドア、テラスの階段などの記憶が・・友人達と観に行った演劇の途中「女の顔を覆え、目が眩む、彼女は若くして死んだ」という台詞で、頭に謎の女ヘレンが殺された映像が浮かび恐怖に慄く。ミス・マープルの助けを受け、夫と過去へ遡り真相を訪ねて行く・・彼女はグエンダの義理の母親だった。ヘレンに関わった男達を追い真実に近づくに連れ、新たな殺人が起き夫婦が命を狙われる。年の離れた兄が、ヘレンを独り占めするために殺して庭に埋め・・

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

絵画164・・レオン・B・ペロー

レオン・B・ペロー(1832~1908)

フランス画家。14才から描き、ジュリアンとボザールでブグローとピコットに学ぶ。1860年からサロンデビューし定期的に出品・受賞。ユニバーサル展銀賞等。

Sisters Cain_kills_abel          Away_from_home The_bather  

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

絵画163・・C・ウェスト・コープ

C・ウェスト・コープ(1811~1890)

イギリス画家。ロンドンのサスアカデミー後、1828年Rアカデミーに学ぶ。29年にソサエティオブアーツ銀賞。43年から国会議事堂フレスコ画。33年からRアカデミー展示、48年メンバー、67年から教授。

The_royal_prisoners The_night_alarm The_martyrdom_of_laurence_saunder_2 Griseldas_first_trial_of_patience_2 The_taming_of_the_shrew_2_3 

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »