« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

本209・・終着駅・トルストイ最後の旅

終着駅・トルストイ最後の旅・・ジェイ・パリーニ著

51mwh0cbr7l__sl500_aa300_自分の著作財産は民衆のものとし、富裕な暮らしに罪悪感を抱き続けたトルストイに対し、彼を理解しようとせずその関心や財産を独占しようとする妻・ソフィア。不世出の文豪トルストイの理想主義実現を願う高弟チェルトコフ等。理想と、妻の不断の干渉との間で苦悩し続けた82才のトルストイの決断・・妻から逃れ、平穏な創作生活を得るための旅の途中、僻村の小さな駅の片隅で死を遂げたトルストイ。自身や妻を含む、身近な人々の手紙や日記からなるトルストイ最晩年の伝記物語。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

映画147・・イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ(2005・アメリカ)

Photo_2原作・ジェニファー・ウェイナー、監督・カーティス・ハンソン、出演・キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン・・

キャリアはあるが、自分を抑えてきた姉ローズ(コレット)と、ルックスだけで人生を切り抜けてきた妹マギー(ディアス)、娘の死を背負う祖母エラ(マクレーン)という3人の女性が、それぞれに合う自分だけの靴を探していく。

ローズはフィラデルフィアの法律事務所の弁護士。仕事に生きるが、太めの体型にコンプレックスを感じ恋愛に躓いてばかり。アパートに実家を追い出されたマギーが転がり込む。マギーはゴージャスなルックスだが、高校卒業から10年経っても地に足が付かない。ローズは上司の恋人が出来、マギーの存在は迷惑だが姉として放り出せない。ローズが出張から戻ると、家は大荒れ、しかもマギーは姉の恋人とベッドに。追い出されたマギーはフロリダに。そこには母方の祖母エラが。エラは老人ホームで世話役をして暮らす。家族と絶縁したことに罪悪感を抱くエラは、埋め合わせが出来るとマギーを歓迎するがマギーはエラの金を盗もうと。エラはマギーに施設内の介護仕事をするように言う。マギーは盲目の元大学教授を知り、詩の素晴らしさを教わり、コンプレックスの難読症の克服を始める。それから変わっていくマギー。ローズも自分を見つめ直し元同僚のサイモンとの愛を育む・・フロリダでローズとマギーは再会し仲直り。フィラデルフィアに戻ったローズは、エラの靴を履いてサイモンと結婚式。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

絵画190・・アントニオ・マンチーニ

アントニオ・マンチーニ(1852~1930)

イタリア画家。12才、ナポリ美術研究所でドメニコ・Morelliに学び、1872年からパリサロン展示。81年頃から精神病と貧困に悩まされる。イタリアRアカデミーメンバー。

The_street_urchin_3   After_the_duel Schoolboy White_veil_4     Resting_2

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

本208・・白衣(びゃくえ)の女

白衣(びゃくえ)の女・・ウィルキー・コリンズ著

51em6yb814l__sl500_aa300__2青年画家ウォルター・ハートライトは由緒あるリマリッジ館の家庭教師をすることになり、就職前夜、荒野を行く途中、白衣の女に呼び止められる。夏の夜道「ロンドンに行きたい」と声を掛けてきた白ずくめの女に、彼は奇妙な予感に震える・・

精神病院を脱走した白衣の女アン・キャセリックとリマリッジ館の女性相続人ローラ・フェアリーとの肖似。二ヵ月後、ハートライトはローラが婚約の身であることを知り、ローラの父親違いの姉マリアンに促され、失意のままリマリッジ館を辞し厳しい外地勤務に。敬愛する亡き父との取り決めであった約束通り、ローラはハンプシャーのパーシヴァル卿と心に沿わない結婚を・・

パーシヴァルは過去に知られてはならない罪(両親の結婚を偽造し、ブラックウォーターパーク当主という名を不当に相続、その秘密を知る女の娘アンが情緒不安定で、他言を恐れたためアンを精神病院に偽装強制入院させた)を犯しており、友人であるイタリア人の奸智に長けたフォスコ伯爵と共に財政的に行き詰り、ローラの財産を近々に入手するべくフォスコ伯先導で姦計を巡らし、ローラをアンの元入院先の病院に入れ、アンが死ぬやその遺体をローラの遺体として埋葬・・

ロンドンに戻ったハートライトは、ローラの墓の前でローラとマリアン(マリアンがローラを病院から脱走させ身を隠していた)に再会し、三人でひっそりと暮らしながら、パーシヴァルとフォスコの陰謀を明らかにしてローラの名誉を正そうと動き始める。身の危険に何度も曝されながらも友人知人の助けを借り、遂に大団円(パーシヴァルは証拠を無くそうとし過失で焼死、フォスコはスパイで裏切りのため同志に粛清される)。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

絵画189・・ビクター・ゼーリック

ビクター・ゼーリック(1951~)

ウクライナ画家。ハリコフアカデミーで学ぶ。

Cottage_in_yalta   Fountain The_cozy_lane  Autumn_musician It_is_the_sea

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

絵画188・・ルイス・ロメロ

ルイス・ロメロ(1948~)

スペイン画家。ポスター等を描きトレーニングコースで学び、マラガやスイスで受賞。

Light_of_the_alley Summer_evening Snow_2 Twilight Town    

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

絵画187・・アレクサンダー・Schepalin

アレクサンダー・Schepalin(1950~)

ロシア画家。略歴不明。

Evening_snow Rain_4   Snowman_2       Evening_tram_2

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

絵画186・・エフゲニー・Gavlin

エフゲニー・Gavlin(1958~)

ロシア画家。MGZPIでグラフィックアートを学び、アーティストユニオンメンバー。

Harbor_2  Rain The_autum_rain_2 Pavement_in_the_rain Summer_rain Fantasic_rain 

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

絵画185・・グジェゴジ・ローベル

グジェゴジ・ローベル(1983~)

ポーランド画家。12才から水彩画を描き始め、ワルシャワ大学で学び、建築デザイナーでもある。

Twilight_city_2  Wawel_castle_2 Modica Venezia_2 St_polten_2

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

絵画183・・ポール・ラ・ボラエ

ポール・ラ・ボラエ(1849~1926)

フランス画家。L・ボナに師事。1882年からサロンデアーティスト出品。83年からブリュッセルに移る。89年万博銅メダル。

La_figure_de_proue_2  Joan_of_arc A_sermon_4 Martyr_or_captive_2

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

絵画182・・W・ホルマン・ハント

W・ホルマン・ハント(1827~1910)

イギリス画家。1844年Rアカデミーでエヴァレット・ミレイやロセッティに出会い、48年ラファエル前派結成。49年からアカデミー出展、53年準メンバー。54年から度々パレスチナの聖地エルサレムへ。

Morning The_lady_of_shalott The_lost_child The_ponte_vecchio        

 

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

絵画181・・ハンス・ヘイエルダール

ハンス・ヘイエルダール(1857~1913)

ノルウェー画家。1874年からビルトエンドのアカデミーでEilif・ピーターセンに、78年からパリでルートヴィヒ・v・Lofftz等に学ぶ。同年パリ万博金賞、81年パリサロングランプリ。

Idyll Adam_and_eva The_dying_chald Mythological_scene  

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »