« 絵画195・・ミーガン・Duncanson | トップページ | 本215・・そして僕は家を出る »

2012年1月30日 (月)

本214・・初版グリム童話

初版グリム童話・・グリム兄弟著

31033346_2∇継母ではなく実母が子捨てをし、お菓子の家の魔女に実母が投影されていて、竈で焼き殺すことによって幼年期を脱するという「ヘンゼルとグレーテル」。

∇親が甘やかしたため我が儘になった子供が、死んで埋められてもなお墓場から腕を突き出し、母親が鞭で打ちつけ鎮めるという「わがままな子ども」。

∇ひたすら耐えて幸福を掴んだ後、その邪眼で断罪し復讐するという「灰かぶり=シンデレラ」。

∇フランスの口承では、溺愛してくれた祖母を狼に唆されその肉を食べてしまったという、人狼に襲われた女の子の話とされる「赤ずきん」。

|

« 絵画195・・ミーガン・Duncanson | トップページ | 本215・・そして僕は家を出る »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画195・・ミーガン・Duncanson | トップページ | 本215・・そして僕は家を出る »