« 絵画204・・ヘンリー・N・オニール | トップページ | 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 »

2012年3月18日 (日)

本221・・とどめの一撃

とどめの一撃・・マルグリット・ユルスナール著

51orvm2wml__sl500_aa300_ロシア革命と第一次大戦によって孤立した、バルト海沿岸の片田舎を舞台に、混乱を背景にそれぞれの愛と死のドラマが描かれる。実際に起こった事件をモチーフに、主な登場人物は語り部であるエリック、ソフィーとその弟コンラート(繊細でこの世離れしている)の三人で、その関係は著者の実生活にあった関係とされる・・負傷後、共に少年期を過ごした館に帰り着いたエリックと、それを迎える姉弟。動乱の環境に翻弄される戦火の時代。ポルシェヴィキの占領や脱走兵等との雑居、兵隊に陵辱されたソフィー、エリックに恋を打ち明けるソフィーの苦悩、とうとう受け入れようとしないエリック、赤軍に寝返るソフィー、戦死するコンラート、ソフィーを銃殺するエリック・・死者はたちまち遠ざかる、しかし生者もまた・・

|

« 絵画204・・ヘンリー・N・オニール | トップページ | 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画204・・ヘンリー・N・オニール | トップページ | 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 »