« 本221・・とどめの一撃 | トップページ | 本223・・ポー名作集 »

2012年3月21日 (水)

本222・・スペードの女王・ベールキン物語

スペードの女王・ベールキン物語・・アレクサンドル・プーシキン著

51tpbbrjg2l__sx230_★「スペードの女王」・・士官ゲルマンは、カルタに勝つ秘密を握る老伯爵夫人に近付くため、その養女を利用し、ある晩老婆に詰め寄り死なせてしまう。その夜老婆が現れ三つの数字を教えるが、三枚目のカードのスペードの女王が薄笑いしたと幻覚し発狂。真っ直ぐだが、平民なため野心に囚われる利己的な青年の末路。

★「ベールキン物語」の「吹雪」・・身分違いの恋人同士が駆け落ちするが、吹雪に翻弄され出会えない。女は家に帰り、男は待ち合わせ場所に辿り着けず死ぬ。後日女の前に新しい男が現れるが、彼はあの吹雪の日に、恋人と間違えて結婚の誓いをした男・・

★「ベールキン物語」の「駅長」・・しがない駅馬車舎の駅長が、娘と切り盛りし暮らしている。ある日一人の士官が現れ、病気のフリをして滞在し娘をかどわかすように連れ去る。老駅長は娘を返してくれるよう頼むが叶わず、数年後、哀しみを拭えぬまま自滅し死ぬ。それなりに幸せに暮らしていた娘は、父の墓を訪れ号泣。

|

« 本221・・とどめの一撃 | トップページ | 本223・・ポー名作集 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本221・・とどめの一撃 | トップページ | 本223・・ポー名作集 »