« 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 | トップページ | 本224・・凍える森 »

2012年3月26日 (月)

本223・・ポー名作集

ポー名作集・・エドガー・アラン・ポー著

413xlhix3vl__sl500_aa300_★「黄金虫」・・サリバン島で黒人召使と住む友人ルグランの下を久しぶりに訪れると、新種の黄金虫を発見したという。絵を描いて見せるが髑髏の絵で・・一ヵ月後、召使の迎えで再び訪ねると、錯乱した風なルグランに頼まれ、召使と三人で本土に渡り、ある樹木の高みにあった髑髏の目から黄金虫を垂らすと、その地底に財宝が・・ルグランが描いた羊皮紙は黄金虫を発見した場所で拾ったもので、あぶり出すと宝の有り場所の暗号。

★「黒猫」・・幼い時から動物好きで、結婚してから黒猫を飼って可愛がっていたが、酒乱により次第に虐待し始め、ある日とうとう片目をくり抜き吊るし殺すが、その夜屋敷が火事で焼け落ち、残った壁に吊るした猫の姿が・・呵責で似た猫を貰って来ると、片目であったため嫌悪し出し、殺そうとして間に入った妻を殺してしまう。妻を地下室の壁に塗りこむが、警察を騙せた勝利感で壁を叩いたため崩れてしまう・・妻の屍骸と共に、生きた猫も塗り込めていた。

★「アッシャー家の崩壊」・・幼馴染みだったアッシャーからの、たっての招待で訪れたアッシャー家の佇まいは陰鬱で荒涼としていた。アッシャーは神経を病み、感覚だけが研ぎ澄まされていた。地所と屋敷が、代々のアッシャーの血を廃れさせ今も影響を及ぼしているかのよう・・双子の妹が同様の病で亡くなり、二人で地下室に埋葬。アッシャーの錯乱は悪化し、語り手にも恐怖が乗り移り、不気味な物音が聞こえ出す。アッシャーは妹を生きながら埋めてしまったことに気付くが、とうとう死装束の妹が扉を開け現れ、兄に圧し掛かりもろ共死ぬ。屋敷を飛び出して逃げると、後ろにアッシャー館が崩れ落ち沼に飲み込まれていく。

|

« 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 | トップページ | 本224・・凍える森 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本222・・スペードの女王・ベールキン物語 | トップページ | 本224・・凍える森 »