« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月24日 (火)

本227・・回想のブライズヘッド

回想のブライズヘッド・・イーブリン・ウォー著

4003227735第二次大戦中、英国本土に駐屯する一連隊の寒々とした生活。語り手のチャールズ・ライダーは由緒ある邸宅を描く画家だが、今は軍務に服し中隊長。その日、連隊は移駐してブライズヘッドという大邸宅の敷地に駐屯。部下に訊かれたライダーは「ここには来たことがある」と・・

ブライズヘッドはマーチメイン侯爵の所領で、代々敬虔なカトリックだったが、今信仰を継ぐのは侯爵夫人と長男ブライズヘッド伯爵、次女のコーデリア。侯爵は一次大戦で部隊を率いヨーロッパ戦線に出ると、戦後は愛人とヴェニス暮らしで故郷に寄り付かず、長女のジューリアは社交界の花で信仰とは無縁に見え、次男のセバスチアンは奔放な生き方を求め監督する人々の圧力に絶えず悩まされる。ライダーはオクスフォード時代にセバスチアンと出会い、ひと夏をブライズヘッドに過ごし邸宅とその一家との関わりが始まる。

「古昔ハ人ノミチミチタリシ此都イマハ凄シキ様ニテ座シ・・」という、エルサレムを嘆く挽歌が、物語全体の情感の底に絶えず流れ、ブライズヘッド邸と一族の人生の崩壊を暗示。その崩壊の過程が、かつて人間が達成した文化の水準や趣味の高さとして華麗に描かれる。セバスチアンの運命は、意識にも浮かばない信念ゆえに、滅びていく姿を浮き彫りにし滅びるものの美しさを印象に残す。

公爵夫人や伯爵より、真の信仰を求めて得られず苦しむセバスチアンやジューリアの方が神に近いのか。アフリカに姿を消して以後消息を絶ったセバスチアンとの交渉も途絶え、大西洋の豪華客船上で、数年振りにジューリアと再会したライダーは、国会議員の妻となっていた彼女と激しい恋に落ち、互いの配偶者と別れ結婚を決意・・ブライズヘッドでの二年の生活後、侯爵が戻り臨終の床で無意識に十字を切ったかに見えた時、ジューリアは翻然と自分の非を悟り「神を相手に、神と対抗出来るほどの幸せを選ぶ」ことは出来ない、「悪いことをすればするほど、神が必要なの」と、ライダーに婚約解消を告げる。対し、不可知論者だがそれを理解したライダーは「それだけのことを言うのに、ずいぶん時間がかかったね」と。

再び舞台は駐屯地。ブライズヘッド邸(今は、夫人部隊として外地にいるジューリアの所有)にいるライダーに戻り、その再開された礼拝堂を訪れ、戦火にも消えなかった青銅のランプの灯が悲劇を見守ってきたのだと理解する。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

本226・・カポーティ短編集

カポーティ短編集・・トルーマン・カポーティ著

51nj0r63mzl__sl500_aa300__3∇「無頭の鷹」・・ある日、若い娘がヴィンセントの画廊に一枚の絵を持ち込む。それは、胴の爪を持った頭の無い鷹の翼が、夜闇の降りた空のように背景を覆っているものだった。その後娘は現れず絵はヴィンセントのもとに。その後何度も娘を見掛けるが、ある時とうとう娘に話し掛け、その不思議な魅力に娘を連れ帰り、ヴィンセントの所で同居し始める。娘は精神病院から抜け出して来たらしい。彼女は、絵の指導もしていた精神科医と、他の男の誰をも混同。アパートの他の住人を鋏で襲い、家主から苦情が出て娘と別れる・・当然のようにヴィンセントも行く先々まで娘に付きまとわれ、出口の無い大都会の喧騒の中を逃げ回る日々・・

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

絵画205・・ミシュリーヌ・ルカヤー

ミシュリーヌ・ルカヤー(~1950)

カナダ画家。略歴不明。

Coquetterie_printaniere

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

本225・・夢の女・恐怖のベッド

夢の女・恐怖のベッド・・ウィルキー・コリンズ著

51t1hf4t7vl__sl500_aa300_★「グレンウィズ館の女主人」・・画家である「私」がある地主に釣りに誘われ、その上流にある侘しい館の女主人の話を聞く。彼女は世間から離れ過去に生き・・11才の時妹が生まれるが、程なく死んだ母に託され、妹の母親代わり。妹が社交界にデビューすると、ある男爵が現れ世間知らずな父と妹は賞賛するが、姉と友人の地主は何故か好めない。父が急死し、妹が男爵と結婚するに当たり妹の希望で姉も同居。男爵の様子に変化が現れ、刑事の訪れで偽男爵の悪党と判明。妹を連れ出すが出産と同時に死亡し、その夫は捕まるが脱走して死亡・・白痴である妹の娘と暮らす日々。

★「黒い小屋」・・イングランド西部の荒地に、石工の父と「黒い小屋」で暮らす娘。ある日、父が仕事で泊り掛けで出掛ける。母が乳母をしていたため、乳姉妹であったニフトン夫妻が寄り、夫婦の倹約話のついでに娘に財布を預けて行く。夜、性質の悪い石工二人が、母の形見の銀のスプーンと財布を奪いに来る。気丈に厳重に戸締りし対抗するが、いよいよ家を壊されそうになり、スプーンと財布を懐に子猫を抱き逃げ出す。闇の嵐の中、数マイル離れた最寄のムアー農園に辿り着き、そこの息子に救けを求め失神。高熱から回復後、農園の息子と親しくなり身分違いと反対されるが、ささやかな物を託され必死に守った女を嫁にする、と息子が宣言し大団円。

★「家族の秘密」・・父は医師で、その結婚に於いて、相手が情の薄い不実な女だと反対される中、唯ひとり弟のジョージ叔父(頭の働きが鈍く醜男だが、父を崇拝し医師として父を助けている)だけ味方に。自分も姉ほど愛らしくなく、虚弱だったため叔父によく遊んでもらった。8才、母方の叔母の所で転地療養中に、姉が死に叔父がいなくなる。姉の葬儀後、家に戻る途中、闇の中で涙に濡れた人に無言で抱きしめられる。姉や叔父の状況を誰も話してくれず、時を経ても真相が解らず、その後父が、ついで母が死に叔母は中風に。その後、再び転地療養した時、ある教会の墓地で無名の墓を見かけ、司祭から真相を・・無名の墓は叔父のもの。姉の首におできが出来、次第に醜くなるが誰も手術に名乗りを上げず、父が留守中に、父も了承していると母から手術を強制され失敗。何も知らない父は激怒し訴えると言い、母は知らぬ顔でそれに同意。叔父は皆の前に再び現れないと誓い、去った後も苦悩の日々を送った、と。あの闇の中、幼い自分を涙で抱きしめたのは叔父で、さよならをしに来たのだと悟る・・

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

本224・・凍える森

凍える森・・アンドレア・M・シェンケル著

511fxj4fl__sl500_aa300_実際の未解決事件「1922年、ドイツ・南バイエルンの片田舎の大農家で、一晩のうちに6人(家長とその妻と娘、娘の子供二人と使用人)がつるはしで惨殺された。頭部を切り落として霊媒術を使ったり、多数の容疑者が調べられるも、排他的な村人達の反発もあり捜査は難航。犯行後数日間現場に留まっていた犯人。犯人を知りうる立場の教区担当神父の証言も無い・・」を基に描かれる。

家長は作男が農場目当てで直った者で、年上の妻は結婚と同時に夫を恐れ逆らえない。娘が12才の時、実の父親に襲われ、以来2人の子供を産むが、2人とも世間体で一時的に父親と名のつく男を立てる。2人目の子供の父親にあてがわれた隣の(妻に先立たれた)農場主が、冷たくなった娘への未練で発作的に凶行を起こす。それぞれ関わった人々の証言で成り立つ。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »