« 機織り・・その43 | トップページ | 本230・・悪魔の選択 »

2012年5月24日 (木)

本229・・エマ

・・ジェーン・オースティン著

51s7p8ysd4l__sl500_aa300_南イングランドのハイベリー村の裕福な家の娘、エマ・ウッドハウスは美しく機知に富む女性。母が亡くなり姉が結婚(ナイトリーの弟)し家を出た後、父(隙間風と消化不良を恐れる気鬱症の老人)と2人で暮らす。

ウッドハウス家の家庭教師を16年務めたテーラーは、ウェストンに嫁ぐ。ウェストン氏にテーラーを紹介したのはエマで、自らが恋の仲介役と自覚。ある日、年下の友人ハリエット・スミスに、求婚して来た男性(ロバート・マーティン)を上流ではないと断らせ、牧師のエルトンと結び付けようとするが、エルトンが結婚を望むのが自分だと解り、自らの見込み違いに落ち込む。エマに断られたエルトンは、すぐさま虚栄心の強い俗物女性と結婚。

ウェストンの前妻の息子フランク・チャーチル、ベイツの姪であるジェーン・フェアファクスが登場。明るいフランクには好感を持つエマだが、自分を出さないジェーンとは馬が合わない。今度はハリエットとフランクを取り持とうとするが、フランクはジェーンと秘密婚約していた。エマがミス・ベイツを侮辱してナイトリー(ドンウェルの僧院に住み、エマに意見できる唯一の人物)に嗜められ、自らの浅はかさと判断力の無さを反省。その上、ハリエットがナイトリーに恋していると知り、自らのナイトリーへの恋心に気付く。気まずいエマは、ハリエットを遠ざける・・

ハリエットは当初エマによって拒絶したマーティンと結ばれ、慎重さを心したエマはナイトリーと結婚。

|

« 機織り・・その43 | トップページ | 本230・・悪魔の選択 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機織り・・その43 | トップページ | 本230・・悪魔の選択 »