« 本229・・エマ | トップページ | 絵画206・・シャルル・A・メンギン »

2012年5月28日 (月)

本230・・悪魔の選択

悪魔の選択・・フレデリック・フォーサイス著

413quqofol__sl500_aa300__2選択肢が限られ、どれを選んでも痛みが伴うものを諜報機関では「悪魔の選択」と。

1982年6月。クレムリンの政治局会議で、農薬製法ミスに因る穀物収穫激減の報告。議事録の写しはSIS(イギリス情報部)のモスクワ駐在員マンローの(諜報者はかつてマンローの恋人で、今は政治局内部に)手で西側に。ワシントンは食料輸出の見返りに大規模な軍縮交渉。ソ連は一枚岩のようで、実は2億5千万人民の食糧問題と、全人民の半数以上を占めるウクライナ等の非ロシア人の民族問題を抱える。

ソ連に憎悪を抱くウクライナ人ドレーク等は、ソ連体制への反撃にKGB議長を暗殺するが、実行犯のミーシキン等は逃亡に失敗し西ベルリンの収容所に。彼等を自由にしKGB議長暗殺を公開しようとするドレークは、オランダ沖で石油タンカー「フレイア号」をハイジャックし、西ベルリンに仲間の解放を迫る。

ルージン書記長は、議長暗殺が公になれば失脚確実と、アメリカにミーシキン等解放なら軍縮交渉を打ち切ると通告。アメリカ大統領は、ルージン失脚で強硬派がヨーロッパに侵攻するとし、西ベルリンに彼等の解放をしないよう通達。北海沿岸諸国は、ハイジャック犯がタンカーを爆発すれば、30人の人質と原油汚染が深刻なため解放要求・・

ミーシキン等はイスラエルに移された後毒殺され、タンカーの2万トン流出油で身動き出来なくなったドレーク等と追っ手は炎上・・マンローの恋人である諜報者は、愛国者としてルージンの意向で動いていた。

|

« 本229・・エマ | トップページ | 絵画206・・シャルル・A・メンギン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本229・・エマ | トップページ | 絵画206・・シャルル・A・メンギン »