« 映画151・・セブン | トップページ | 映画152・・ベニスに死す »

2012年6月12日 (火)

本231・・きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日・・オードリー・ニッフェネガー著

Timetravelerwjpb1_3幼い日、愛する母の運転する車で事故に遭う寸前、ヘンリーは突然時空の彼方へ姿を消す。以来、過去と未来を瞬時に行き交うタイムトラベラーとなるが、その行き先は彼自身にも判らない。父は、母の事故死以来心を閉ざし、アルコール依存で演奏の仕事も失くす。誰にも信じてもらえない秘密を抱え孤独な旅を続けるヘンリーだが、過去に降り立ったある日、6歳の少女クレアと出会う。未来からやって来たというヘンリーの言葉を信じる彼女こそ、いつか巡り逢う運命の恋人。

ストレスが引き金となり、タイムとラベルしてしまう一種の病気を持つヘンリー。過去や未来に移動した時は、全裸で何も所持出来ないため、まずすべきことは服を調達し、生き延びるために最小限必要な食べ物や寝場所を確保すること。時間の経過も予測が付けられず、その間クレアは不安に苛まれ、ヘンリーの身を案じながら彼の帰りを待ち続ける。

遂に現在の時の中で出会った二人は、ヘンリー28歳、クレア20才。障害のなか愛を育み結婚するが、ヘンリーの遺伝子異常で何度も流産するクレア。10年後、やっと娘アルバを得るが、アルバもタイムトラベラー。ヘンリー43歳、タイムトラベルした先が真冬の雪の原で、その時の凍傷で両足首から下を切断し車椅子生活に。大晦日、皆を呼んでパーティー。それぞれに別れの挨拶をし、外のテラスでクレアに抱かれながら死んで行くヘンリー。

残されたヘンリーの手紙・・ずっと将来、クレアが老女になった頃に再会出来る、と。

|

« 映画151・・セブン | トップページ | 映画152・・ベニスに死す »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画151・・セブン | トップページ | 映画152・・ベニスに死す »