« 絵画213・・ジョセフ・ペイトン | トップページ | 本240・・灰とダイヤモンド »

2012年11月24日 (土)

絵画214・・クリスチャン・クローグ

クリスチャン・クローグ(1852~1925)

ノルウェー画家、作家。ドイツのバーデンスクールでH・グーデに学び、1881年パリへ。写実主義。1879年、スカーゲンでアンカー夫婦に影響を及ぼし、ムンクをサポート。1909年から国立アカデミー教授。自著の小説「アルベル(貧しいお針子が不遇な社会の中で、司法官に襲われ売春を強要され、売春婦として終わる)」を描く。

A_meeting_albertine The_warning_albertine Battle_for_survival Sunshine Signal_of_distress

|

« 絵画213・・ジョセフ・ペイトン | トップページ | 本240・・灰とダイヤモンド »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画213・・ジョセフ・ペイトン | トップページ | 本240・・灰とダイヤモンド »