« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

絵画231・・ジャン=ジャック・シェラー

ジャン=ジャック・シェラー(1855~1916)

フランス画家。1814年からPierre-Jules Cavelierの工房の後、ボザールでカバネルに学び1877年からサロン展示。ボザールメンバー、アカデミック絵画。

Charlotte_corday Isabeau_a_prayer Le_jeune_florentin M_duval_confronted_by_the_mayor_of_ The_entrance_of_joan_of_arc

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

本242・・土曜の夜と日曜の朝

土曜の夜と日曜の朝・・アラン・シリトー著

B13_2自転車工場の工員アーサーは、父親から上司、政治家に至るまで権力と名の付くものが大嫌い。浴びる様に酒を飲み、人妻を誘惑し、気に入らないヤツに喧嘩を売る日々。

ノッティンガムの下町。15歳から旋盤工として働く21歳のアーサー。「金の値打ちは下がるし、ヤンキーがいつ発狂してモスクワに水爆を落とすやら。そうなれば何もかもおさらばだ」と、再び世界の雲行きが怪しくなるまでの束の間に、出来るだけ人生を楽しもうと、「ばかげた法律なんぞは俺みたいなやつにまんまと破られるためにある」と嘯き、「ずるっこく立ち回ること」を武器に、彼を高賃金で雇う工場と居酒屋と同僚の女房の寝室の間を、慌しく懸命に駆け回る。彼は悪党ではあるが犯罪者ではない。しかも母親思いで、幼い子供達にも優しい好青年である。

戦前の長い不況下で、失業保険のみで5人の子供を抱え、無一文、稼ぐ当て無いどん底生活の一家だった。今は、賃仕事を背骨の折れる位やればまともな金が入って来る。18才で軍隊へ行ったアーサーは「戦争を始めて見やがれ、俺がどんなに悪い兵隊になれるか見せてやる」と、国家への忠誠心など皆目持たず、怒りの根源は格差社会の矛盾に対しての漠然とした腹立たしさであろうか。

人妻が妊娠したり、別の女の亭主から2人掛りでボコられたりと痛い思いもしながら、2年が過ぎる頃には年下の彼女が出来もする。ある日のんびりと釣りをしながら、「結婚なんて厄介なものだろうし、俺の人生は最後まできっとごたごたの連続だろう。けど、広い世界に未だ挨拶状を出していないことに気付いていさえいれば、へこたれさえしなければ、つまるところいい人生だ」と、ニヤリと笑う。

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

絵画230・・ヴァレンタイン・プリンセプ

ヴァレンタイン・プリンセプ(1838~1904)

カルカッタ出身のラファエル前派イギリス画家。フレデリック・ワッツの紹介で前派スクールで学び、62年からRアカデミー展示し79年メンバー。ワーキングメンズカレッジで教鞭。

At_the_first_touch_of_winter The_flight_of_jane_shore_2                            Cinderella     

The_first_awakening_of_eve_2 For_the_bread_of_the_needy_3                                                  

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

本241・・セールスマンの死

セールスマンの死・・アーサー・ミラー著

415140001x63歳のセールスマン、ウィリイ・ローマンとその家族の物語。自立出来ない2人の息子や、過去の幻影に苛まれつつ慨嘆するローマンは、誇りを持っていた仕事まで失い、最後には自ら死を選ぶ。その保険金で家の月賦が完済されたことを嘆く妻の独白で幕が閉じる戯曲。

競争社会の問題、親子の断絶、家庭の崩壊、若者の挫折感など、第2次世界大戦後に顕著になり出したアメリカ社会の影。一幕目が主人公の帰宅した月曜日の夜、二幕目が彼が自殺した火曜日の夜と葬儀から成る。至るところに映画のフラッシュバックを応用し、主人公の過去の栄光や息子との不和のプロセスを表現。

アメリカンドリームを実現する近道はセールスマンだと信じ、36年頑張って来たウィリイだが、社会情勢の変化に押し流され、固定給は無くなり成績が芳しくないため手取りはゼロ。妻に内緒で隣人に借金しサラリーを渡していたが、やがてばれてしまう。辛い現実から逃れるために過去に逃避するウィリーの頭の中で現実と過去が混濁する。

いつまでも、息子達が父を敬い、長男ビフがフットボールの花形選手だった当時の姿しか見ようとしない父に、自分はもう何も取り柄もない人間なのだと判らせようとするが、現実に目を背けるウィリイは、自分と現実を見る息子に何の接点もないことに気付かない。次男ハッピーは遊び好きで、兄と共に父の苦境を助けようとするが、結局は自分のことしか考えず・・やっと気付いた時、ウイリイに残された道は一つしかなかった。

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

絵画229・・シメオン・ソロモン

シメオン・ソロモン(1840~1905)

ユダヤ系、ラファエル前派イギリス画家。1850年から兄のアブラハムに、52年からキャリーアカデミー、その後Rアカデミーで学び58年から展示。詩人アルジャーノン・スウィンバーンの影響。

Autumn Creation The_angel_of_death Marguerite Night

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

絵画228・・ルドヴィコ・マッツァ ンティ

ルドヴィコ・マッツァンティ(1686~1775)

イタリア画家。1770年からジョヴァンニ・バッティスタ・Gaulliの下で学ぶ。オルヴィエート大聖堂のモザイク画やローマの教会等でフレスコ画。

The_death_of_lucrecia Virgin_and_child_with_saints_lucy

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »