« 絵画231・・ジャン=ジャック・シェラー | トップページ | 絵画232・・マクシミリアン・リュス »

2013年4月 1日 (月)

本243・・長距離走者の孤独

長距離走者の孤独・・アラン・シリトー著

1∇「長距離走者の孤独」・・貧しい家庭で育ったコリンは、友人とパン屋に強盗に入り捕まる。感化院で足の速さを見込まれ、クロスカントリー競技で院を代表して走ることになるが、院長の出世への思惑に気付き、権威に抵抗するためゴール目前で走るのを止めるという反抗心を描く。

∇「アーネストおじさん」・・戦争で砲弾ショックを受け記憶や適応に齟齬のある、椅子張り職人アーネスト。同席した貧しい姉妹に善意で食事をご馳走していたが、世間の「良識」の干渉に因り、再び灯りのない孤独に戻る。

∇「フランキー・ブラーの没落」・・少し知能が遅れているフランキーは、少年達を率い陣地を争い戦闘ゲームをするが、ある日暴行等で捕まる。10数年後、様子が変わってしまったフランキー。病院での電気ショック療法で、永遠の少年から純真な心を叩き出し、「まとも」な人間に変えようとする社会への憤りが描かれる。

|

« 絵画231・・ジャン=ジャック・シェラー | トップページ | 絵画232・・マクシミリアン・リュス »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画231・・ジャン=ジャック・シェラー | トップページ | 絵画232・・マクシミリアン・リュス »