« 絵画232・・マクシミリアン・リュス | トップページ | 絵画233・・アーノルド・ベックリン »

2013年4月 8日 (月)

本244・・アントニーとクレオパトラ

アントニーとクレオパトラ・・W・シェイクスピア著

95f2169cb77576d0b56423432fdabb22ローマ共和制を築いたジュリアス・シーザーが暗殺されて4年、ローマ帝国の小康状態が・・シーザーの養子オクテイヴィアスやレピダス等と共にローマ帝国を統治していたアントニーは、北アフリカでエジプト女王クレオパトラとの恋に陥っていた。彼は部下の信望厚く、長けた統治力で北アフリカを抑えていたが、本国イタリア各地で内乱が兆し、ローマではアントニーの妻ファルヴィアと弟ルーシアスがオクテイヴィアスに戦いを挑み破れたとの報が届く。更に、台頭して来たポンペイの巨軍がローマに迫るとアントニーは急遽ローマに戻り、ポンペイ軍制圧のために、オクテイヴィアスの姉オクテイヴィアと婚姻、3人の執政官の結束を生みポンペイ軍を壊滅。平安を取り戻したローマ帝国を後に、アントニーがオクテイヴィアの手を振り切りクレオパトラのもとに走ると、オクテイヴィアスは、一族に対する侮蔑だと激怒し2人の住むアレキサンドリアへと巨万の兵を送る。<アクチャム大海戦>はアントニーの完敗に終わる。戦いに敗れたアントニーの心を癒したのはクレオパトラ。勢いに乗ったオクテイヴィアスはクレオパトラに使者を送り、アントニー引き渡しを要求。クレオパトラは勝ち目無しと承知するが、この屈辱にアントニーは使者を鞭打ち追い返し戦いを挑む。<アレキサンドリア大戦>は凄絶を極め、圧倒的な軍勢を誇るオクテイヴィアス軍が勝利を収め、アントニーは敗因がクレオパトラの裏切りにあると彼女に激怒。恐れを成したクレオパトラは砂漠の秘密の廟に身を隠し、アントニーの愛を試すべく自らの命を絶ったとの偽の知らせを届ける。アントニーはこの知らせに悲しみ絶望し、剣の上に身を伏せ、彼女の腕の中で死ねるよう衛兵に命じ、クレオパトラの秘密の廟に運ばせる。瀕死のアントニーに、クレオパトラは涙し2人の思いの齟齬と運命の非情さを嘆く。クレオパトラは、オクテイヴィアスが自分の魅力に惑わされないと知ると、毒蛇を胸に宛がい息絶える。彼女の死と共に、プトレマイオス王朝は滅亡し、エジプトはローマ領になる。

|

« 絵画232・・マクシミリアン・リュス | トップページ | 絵画233・・アーノルド・ベックリン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画232・・マクシミリアン・リュス | トップページ | 絵画233・・アーノルド・ベックリン »