« 本248・・人はすべて死す | トップページ | 本250・・雨・赤毛 »

2013年5月27日 (月)

本249・・背徳者

背徳者・・アンドレ・ジッド著

30428093_2清教徒的な古典学者ミシェルが、新妻と共にアルジェリアに遊び、そこで胸を患ってその予後、体力の恢復と共にこの地の強烈な太陽の光の下に肉感の目覚めを体感。今までの書斎生活が単に観念的な幻影に過ぎないことを知り、素朴な肉体賛美者(肉感性の発動対象が黒人少年)に。

ミシェルは帰国後も書斎にばかりは籠らず、学者として講座を持ち農地経営もするが、アフリカで憑かれた太陽と裸の肉体への憧れが去らない。遂にこの夢に唆されて再び妻と曾遊のアフリカへ旅立つが、待っていたのは陰鬱な天候であり、曾て素晴らしい褐色の肉体を持ったアラビア少年は既に長じて生活の重荷に疲れている。前回親身に介抱してくれた妻が病む(流産の後産褥に苦しみ、以前ミシェルから伝染した結核が発病)が、ミシェルは幻滅による裏切りで陶酔を獲た時より一層拍車を掛けられ、どこまでも新たな陶酔を追って旅を続ける。この強行軍の犠牲になり、献身的で従順な妻は死ぬ。その遺骸を葬ったミシェルは、今や常夏の国で新たな対象も持ち、篤学な清教徒の昔に返るには神経の繊細さを失い茫然とする。

|

« 本248・・人はすべて死す | トップページ | 本250・・雨・赤毛 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本248・・人はすべて死す | トップページ | 本250・・雨・赤毛 »