« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

絵画266・・ジロデ=トリオソン

ジロデ=トリオソン(1767~1824)

フランス画家。85年からJ=L・ダヴィッドに師事、89年ローマ賞を受け5年のイタリア留学し、詩人ダンテやコレッジオの影響。

Mademoiselle_lange_as_venus Scene_of_the_flood The_sleep_of_endymion Malvine_dying_in_the_arms_of_fingal The_entombment_of_atala

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

絵画265・・ミハーイ・ムンカーチ

ミハーイ・ムンカーチ(1844~1900)

ハンガリー画家。エレクSzamossyに弟子入り後、風景画家アンタルリゲティの援助で国家助成金を受け、65年ウィーンアカデミーでカール·ラールに、66年ミュンヘンアカデミー後、68年からデュッセルドルフでルートヴィヒクナウスに学ぶ。67年パリでクールベの影響。

Milton Lifeboat The_last_day_of_a_condemned_man Making_lint Pawn_office

| | コメント (0)

2013年10月24日 (木)

本253・・イエスの生涯

イエスの生涯・・遠藤周作著

411h7jx8bcl__sx230_「彼の容貌を私達は見たこともない。彼の声を私達は聞いたこともない」で始まる・・当時の社会情勢、預言者(洗礼者)ヨハネの出現、イエスもヨハネから受洗。ヨハネは、ヘロデ王の再婚(姪であり兄弟の妻との)に反対し捕われ、その妻の計略等で斬首される。

イエスは愛を説き弱者の同伴者として生きるが、ローマに立ち向かう先導もせず奇跡も起こさない「無力の人」だったため民衆から去られ、最後には獄中の先導者と引き換えに磔刑を望まれる。凡庸な弟子達もイエスの心中を理解出来ず、我等が身の可愛さに土壇場でイエスを売る。反論もせず死刑を受け入れ、鞭打たれ侮蔑され惨めに死んだイエス。

そのイエスが何故神格化されたのか。イエスへの裏切りで、その死後の弟子達の屈辱と慙愧、自己嫌悪と弁解。如何なる英雄も裏切り者は許さない、イエスも自分達を憎み恨むだろう・・

「主よ、彼等を許したまえ。彼等はそのなせることを知らざればなり」、「主よ、何ぞ我を見棄てたまうや」、「主よ、全てを御手に委ねたてまつる」・・十字架上の最後の言葉。民衆の生贄として死んだイエスを、弟子達はようやく理解し始める。痩せて小さく無力なイエスの悲惨な死に際の愛の叫びは、弟子達に根本的な価値転換を促した。

その復活に関しても証拠立てるものは何も無く、マルコ福音書に墓から死体が消えた事実のみ記された。著者は、事実と聖書の魂を区別する。

イエスの生涯・・悩める民衆にひたすら寄り添った「悲しみの人」であり、見棄て裏切った者達にもその救いだけを祈った、とする。

| | コメント (0)

2013年10月21日 (月)

絵画264・・ベンチュラ・アルバレス=サラ

ベンチュラ・アルバレス=サラ(1869~1919)

スペイン画家。私立デッサン学校後、90年マドリッドのサンフェルナンド美術学校で学ぶ。00年から奨学金でイタリア留学。97年から国立美術展に出品し、04年から国内や国際展等で受賞。

Family_anarchist_execution La_promesa Campesina_2

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

絵画263・・ジュゼッペ・モルテーニ

ジュゼッペ・モルテーニ(1800~1867)

イタリア画家。ブレラアカデミーで学び、ジュゼッペGuizzardiの弟子としてボローニャで古代絵画修復。ミラノに戻り、ルーヴルや大英博物館のコンサルタント。28年、F・アイエツと新肖像画ジャンル。37年、ウィーンで皇帝の肖像を描き、F・アマーリング等と親交。54年からブレラの主事。

La_monaca_di_monza Profession                            The_derelict_3      Madonna_in_prayer

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

絵画262・・アントニオ・シセリ

アントニオ・シセリ(1821~1891)

スイス出身のイタリア画家。1833年フィレンツェに移りエルネスト・Bonaiutiに、34年からアカデミアベッレアルティでジュゼッペ・Bezzuoliに学ぶ。49年から美術学校を経営し、シルヴェスト・ストレーガ等排出。

Martyrdom_of_the_maccabees Magdalena The_deposition_of_christ Ecce_homo Pieta

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

絵画261・・ヴァシリー・ペーロフ

ヴァシリー・ペーロフ(1834~1882)

ロシア画家。A・Stupinのアートスクール後、モスクワ芸術学校に学ぶ。56年から帝国アカデミー等で受賞。65年から各国を巡り、71年から前出芸術学校教授(N・カサートキン等排出)。リアリズム絵画組合の創立メンバー。

Thrown_into_the_water Regular_pool Arriving_at_an_the_inquiry_2 Last_journey_2 Carrying_water A_drowned_woman Etude_lying_to_the_boy

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

絵画260・・S・リーツェン=メイヤー

S・リーツェン=メイヤー(1839~1898)

ハンガリー画家。1862年からウィーンとミュンヘンのアカデミーでC・フォン・ピローティに学び、67年から肖像画家、80年からシュトゥットガルトアカデミーでディレクター、83年からミュンヘンアカデミー教授。

Faust_and_marguerite Elisabeth_signs_condemnation_2 Tomb_of_king_3 Canonization_of_st_elisabeth_of_hun Venus_and_tannhauser Saint_elisabeth_of_hungary

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

絵画259・・ギュスターヴ・クールベ

ギュスターヴ・クールベ(1819~1877)

フランス画家。1837年からフランジューロの下で学び、40年からルーブルで巨匠等の模写・独学、44年からサロン入選。49年「オルナンの食休み」へのアングル等の評価で、国家買い上げ。写実主義の指導者で、世界初の個展開催。第二帝政時代ドヌール勲章を拒否、70年パリ・コミューンに加担したとして投獄され、73年スイスに亡命し彼の地で没(5年後、無実とし汚名返上)。

Girls_on_the_banks_of_the_seine_2 After_dinner_at_ornans_2 The_artists_studio The_stone_breakers Firemen_running_to_a_fire_2 Poor_woman_of_the_village_2

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »