« 絵画274・・ヴィクトル・マダラース | トップページ | 絵画275・・ジャン=ジョゼフ・ウェーツ »

2013年12月29日 (日)

本262・・往復書簡

往復書簡・・湊かなえ著

A0153243_23343273「20年後の宿題」・・高校教師の大場は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子6人に会いに行き、彼等のその後を手紙で報告していく。先生は大場を教える前年、他の小学校である事故に遭遇。先生が夫と共に6人の生徒を引率したピクニック(母子家庭で、ラブホテルで働く母親の仕事を作文にする課題の出た古岡と、気遣った積りの、酒乱の父を持つ利恵との喧嘩が拗れ、その仲直りを兼ね)での川遊びで、生徒(良隆)が溺れ、救けようとした先生の夫が溺死。大場は6人の人生を知る内に、漠然とした自分の人生観が変わっていく。泳げない(病も持つ)先生の夫に、パニックでしがみ付き暴れていた良隆を離し、夫を救おうとした先生。それを見た生徒達の先生への不信や、それぞれの罪悪感。喧嘩をしなければ、自分が溺れなければ、たとえ無理でも泳げた自分が救けに行けば・・最後に面会した利恵は、現在の大場の彼女だった。二人の関係が壊れそうになるも、入院中の先生からの手紙で救われる。

「十五年後の補習」・・突然、国際ボランティア隊で発展途上国に赴任する純一に、恋人の万里子は驚く。遠距離で経緯を語り合う中、万里子の記憶喪失で封印されてきた15年前の事故が蘇る。純一の友人である一樹と康孝は、親の素行(一樹の母に貢ぐ康孝の父)をあげつらい仲違い(康孝の侮蔑発言と一樹の暴力)が募る。止めない純一と仲裁する万里子。ある日、倉庫の火事で一樹は焼死、すぐ後康孝は飛び降り自殺。巻き込まれた万里子は事件の記憶を失くし、万里子を救けた純一は火傷を負う。万里子を守るため真実を隠し、嘘を貫き通そうとする淳一。記憶を取り戻していく万里子・・康孝に閉じ込められた倉庫で一樹に襲われた万里子は、一樹を角材で殴り殺し意識が遠のく。駈け付けた淳一は事実を見て取り、倉庫内に火を付け万里子を救う。康孝を自殺へと追い詰めてしまった淳一は、万里子は時効だが、海外赴任で自分の時効は未だである事に満足していると最後の手紙を記していると、外が騒がしく、万里子の幻か・・

|

« 絵画274・・ヴィクトル・マダラース | トップページ | 絵画275・・ジャン=ジョゼフ・ウェーツ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画274・・ヴィクトル・マダラース | トップページ | 絵画275・・ジャン=ジョゼフ・ウェーツ »