« 絵画305・・サルヴァトール・ローザ | トップページ | 絵画306・・フラゴナール »

2014年6月29日 (日)

映画167・・黒衣の花嫁

黒衣の花嫁(1968・フランス)

87041588原作:コーネル・ウールリッチ、監督:フランソワ・トリュフォー、出演:ジャンヌ・モロー、セルジュ・ルソー・・
コートダジュールのあるパーティで、独身貴族のブリスの下を美しい女が訪れ、友人のコリーは鮮烈な印象を受ける。女はブリスと共にテラスに出るが、直後ブリスが墜死し、女は消える。
銀行員コラルに音楽会の切符が届けられ、桟敷には一人の女がおり、翌晩コラルのアパートを酒を持って現れるが、酒には青酸カリが仕込まれ、苦しむコラルを残し女は立ち去る。
若手政治家モランの家に、女が彼の息子の幼稚園の先生と名乗り来訪、夫人が留守の折り子守に来たと。指輪を失くしたとモランに探させ、彼を物置に閉じ込める。理由を訊くモランに女・ジュリー(モロー)は答える。愛するダヴィッド(ルソー)との結婚式で、教会を出た時ダヴィッドが何者かに銃殺され、その時から自分の心は死んだのだと。モランは、以前5人の狩猟仲間と酔った勢いでふざけて教会の風見鶏を撃とうとして、花婿を撃ってしまった事を思い出す。ジュリーは復讐を誓い、5年掛けて彼等を捜し出したのだ。モランは呼吸困難で翌日死体となる。
次にジュリーは娼婦を装いダルローの前に現れるが、彼は別件で逮捕されパトカーで連れ去られた。
ジュリーはモデルとして画家のフェルグスを訪れ、彼は彼女をモデルにダイアナを描き始めるが次第にジュリーに惹かれていく。ある日、アトリエに来た友人の中にコリーがいた。コリーがジュリーに気付いた時、既に彼女がダイアナの矢でフェルグスを殺害していた。
ジュリーは逮捕され・・監獄で、残る一人・ダヴィッドへの引き金を引いたダルローを、独房の中で刺殺する。


|

« 絵画305・・サルヴァトール・ローザ | トップページ | 絵画306・・フラゴナール »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画305・・サルヴァトール・ローザ | トップページ | 絵画306・・フラゴナール »