« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

絵画350・・J・カサド・デル・アリサル

J・カサド・デル・アリサル(1830~1886)

スペイン画家。バレンシア絵画学校で学び、マドリッドでF・Madrazoに師事。ローマのスペインアカデミーでディレクター。
The_last_moment_of_fernando_iv The_legend_of_the_monk_king The_two_leaders

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

絵画347・・ヤーコプ・ロイスダール

ヤーコプ・ロイスダール(1628~1682)

オランダ画家。画商の家に生まれ、風景画家の伯父サロモンの影響。48年ハールレムの画家組合に加入、56年アムステルダムに移る。ホッベマの師。
View_of_haarlem Church_by_a_torrent The_shore_at_egmond Wheat_fields View_of_bentheim_castle
 

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

絵画346・・ペルジーノ

ペルジーノ(1448~1523)

イタリア画家。ヴェロッキオの工房で学ぶ。ラファエロの師。ボッティチェリ、ギルランダイオとヴァチカンのシスティーナ礼拝堂壁画を描く。「神のごとき画家」と呼ばれるも、宗教改革以降多くの祭壇画が散逸。
Portrait_of_a_young_man Madonna Virgin_and_child Christ_handing_the_keys_to_st_peter

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

絵画345・・マッティア

マッティア(1613~1699)

イタリア画家。30年から、ローマのアカデミア・サン・ルカで学ぶ。初期はカラヴァッジオの、その後ヴェロネーゼやティントレットの影響。ナポリ後期のバロック様式に貢献。
Saint_veronica_with_the_veil St_sebastian Belisarius_receiving_alms St_john_the_baptist_before_herod

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

本283・・雪国

雪国・・川端康成著

100101トンネルを抜けると・・
雪国の湯沢に来た島村は恋愛の出来ないシニカルなディレッタント。そこで温泉芸者の駒子を知る。
雪国の暗さと荒んだ美は、冷え々とした寂しさを感じさせる。冬の夜の静寂、渓流のせせらぎ、茶沸かしにたぎる松風の向こうに女の足音。
女との関係は最初から破局が見えている。人間関係は所詮冷たく非常であり、その感情は自らをも裏切るものか。やがて消え去る閃光とその後の虚しさ。女と別れた後、再びその顔を思い出せない。
駒子を通して風変わりで強烈な印象の葉子を知るが、二人に惹かれているわけでもなく、去るべき時が来たと知る。
都会へ戻り冷たいディレッタントを演じ続けるだろう島村、葉子という重荷を背負い温泉町で身を持ち崩していくであろう駒子。
滅んでいくもののかりそめの関係と、女の想いの哀しい徒労。
・・ひたすら日本語が美しい。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »