« 絵画378・・アルフォンス・ルグロ | トップページ | 絵画379・・ジョルジュ・レメン »

2015年4月19日 (日)

本287・・現代語 古事記

現代語 古事記・・竹田恒泰著

41ecj3z354l_sy344_bo1204203200_「12~3歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」A・トインビー。
・・大東亜戦争後、GHQが対日戦略で「日本が二度と再び欧米に対して戦争を起こさぬように、骨抜きにする」ため神話を否定させた。
・・神話を知る事はその民族を知るための近道。神話とは、人の歩みを神様に託した物語。第40代天武天皇の勅命によって編纂された「古事記」は日本最古の歴史書。
∇「上つ巻」・・天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神の三柱(みはしら)の神の御成り・・伊耶那岐神と伊耶那美神の国生み・・追放された弟の須佐之男命の誓約(うけい)違いに天照大御神が天の石屋戸へ御隠れ・・罪の償いとして須佐之男命の八岐大蛇退治・・大国主神の国造り・・出雲の国譲り・・天孫降臨と神武天皇へ継ぐ日向三代(神の世から人の世へ)
∇「中つ巻」・・神武天皇の大和平定(紀元前660年の2/11の即位で日本建国の日)、最初の皇居が白檮原(かしはら)宮・・第15代応神天皇までの統治・・第10代崇神天皇は神祇を敬い「賢しき后」と称えられ、第13代成務天皇が国造(くにのみやつこ)や県主(あがたぬし)を定める
∇「下つ巻」・・第16代仁徳天皇は民を慈しみ聖帝と云われる・・第19代允恭(いんぎょう)天皇が氏姓(うじかばね)を正す・・歴代天皇の、古(いにしえ)を顧み、衰える道徳を正そうとされ、今を照らして絶えようとする規範を補おうとの御行い・・今上天皇へ。
ことはその民族を知るための近
神話とは、人の歩みを神さまに
神話を知ることはその民族を知るための近道。
神話とは、人の歩みを神さまに託した物語。
それは「歴史」とも言えるのです。 つまり、「古事記」は日本最古の歴史書でもあります。

|

« 絵画378・・アルフォンス・ルグロ | トップページ | 絵画379・・ジョルジュ・レメン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵画378・・アルフォンス・ルグロ | トップページ | 絵画379・・ジョルジュ・レメン »