« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

映画170・・愛を読むひと

愛を読むひと(2008・米・独)

44原作・ベルンハルト・シュリンク「朗読者」、監督・スティーブン・ダルドリー、出演・ケイト・ウィンスレット、ダフィット・クロス、レイフ・ファインズ・・
第二次大戦後のドイツ。雨の日、15歳のマイケル(クロス)は、気分が悪くなりあるアパートの入り口で蹲っているところを21歳年上のハンナ(ウィンスレット)に助けられる。病後彼はハンナのアパートに通うようになり、男女の関係へ。ハンナはよく本を読むマイケルに朗読を依頼、オデュッセイア、犬を連れた奥さん・・。路電の車掌をしていたハンナは仕事振りを評価され事務職へ昇進。それ以来ハンナはマイケルの前から姿を消す。
8年後、大学のゼミ研究でナチス戦犯裁判(未必の故意による殺人で容疑者6人)の傍聴をしたマイケルは、裁かれるハンナを見出す。ハンナが筆跡鑑定を拒み罪を認めた事で無期懲役に。マイケルは、ハンナが朗読させるのを好み、残したメモが通じなかった事等で文盲と気付くが、ハンナを慮り誰にも告げられない。
その後マイケルは弁護士となり、結婚し娘を儲けるが離婚。罪を簡単に許すことも、弁護して救う事も出来ないが、一緒に苦しみを抱えて生きる事は出来るのか・・
ハンナの下へ朗読したテープを送り始めるマイケル(ファインズ)。刑務所で読み書きを覚え出すハンナ。服役から20年後、ハンナは仮出所となるが身内がいないためマイケルが身元引受人に。出所日、迎えに行ったマイケルは、ハンナが前夜首吊り自殺をしたと告げられる・・成人した娘と共にハンナの墓を訪れ、当時の事を語り出すマイケル・・

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

本297・・影

・・カーリン・アルヴテーゲン著

411cher9oul_sx351_bo1204203200_・4歳の男の子が捨て子される(後の脚本家クリストファー)。
・ラグナーフェルト家の家政婦だったイェルダが死亡。
・自治体の管財人マリアンがイェルダの過去を辿り始める。
・有名作家だったラグナーフェルト家の当主アクセルは脳疾患麻痺で施設暮らし。妻のアリス。息子のヤン=エリックは家庭崩壊寸前で浮気三昧、父親の功績を講演する日々。15歳で亡くなった妹アニカ。ヤン=エリックの妻ルイースと娘エレン。
・アクセルの作家中間トルグニとその愛人で作家志望のハリナ。
・空き家になっている生家の父親の書斎クローゼットでヤン=エリックは、事故死とされていた妹の死亡診断書(自殺)を発見。
・過去にアクセルは一度だけハリナと関係。ハリナはナチス収容所でのPTSDで狂気を持つ。
・・ハリナの子供がクリストファー。アクセルに付き纏い乗り込んで来たハリナがアリスに撲殺される。命令でクリストファーを捨てに行かされたイェルダ。ハリナの収容所時代の実話原稿を自著として出版したアクセル(影・・これでノーベル賞)。二重の裏切りでトルグニに脅されアニカを生贄にし、アニカは父親の書斎で首吊り自殺。匿名で仕送りし続けたイェルダはクリストファーに手紙を残す。クリストファーはアクセルの空き家の庭に埋められた母親を発見。ヤン=エリックがクリストファーを撲殺し同じ穴に埋める。マリアンはイェルダを葬送し、イェルダの日記を発見。アクセル死亡。
・・虚栄心と嘘、過去の破局と現在の絶望、影を引きずる悲劇・・

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »