« 本310・・谷間の百合 | トップページ | 本312・・ジェーン・エア »

2016年10月18日 (火)

本311・・嵐が丘

嵐が丘・・エミリー・ブロンテ著

51t1zp5tdfl1765年:キャサリン・アーンショー出生。
71年:老アーンショー、リバプールから孤児を連れ帰り、ヒースクリフと名付け嵐が丘に養う。ヒースクリフ、老アーンショー以外から疎まれるが、キャサリンとは幼馴染みに。
77年:老アーンショー死す。息子ヒンドリー、妻フランセスを連れて帰宅。秋からクリスマスに掛け、キャサリン、スラシュクロス屋敷のリントン兄妹(エドガーとイザベラ)と交際開始。
78年:ヘアトン生まれ、フランセス死す。
79年:エドガーとキャサリン婚約。ヒースクリフ失踪。
83年:80年に老リントン夫妻亡き後、エドガーとキャサリン結婚し、スラシュクロス屋敷に住む。ヒースクリフ突然戻り、嵐が丘に住む。
84年:ヒースクリフ度々スラシュクロス屋敷を訪れ、イザベラを誘惑し逃亡して結婚。キャサリン脳を病む。ヒースクリフ夫妻戻り、嵐が丘に住む。キャサリン、キャシーを生み死亡。キャサリン埋葬され、ヒースクリフ墓を発く。イザベラ逃亡し、その後リントンを産む。ヒンドリー死し、ヒースクリフ嵐が丘の主人となる。
97年:イザベラ死し、リントンはエドガーに引き取られるが、その後嵐が丘へ。
1800年:キャシーが嵐が丘でリントンと再会。エドガーと家政婦(語り部)ネリー病み、キャシーとリントン親しむ。
01年:キャシー、嵐が丘で強制的にリントンと結婚させられる。エドガー死し、ヒースクリフ再びキャサリンの墓を発く。リントン死し、ヒースクリフ嵐が丘とスラシュクロス屋敷を相続。
02年:スラシュクロス屋敷を借りていたロックウッド、キャサリンの幽霊を見て去ったが、その後戻り、ネリーからヒースクリフの死の顛末を聞く(ヒースクリフ4日間断食後、不眠のまま死す)。

|

« 本310・・谷間の百合 | トップページ | 本312・・ジェーン・エア »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本310・・谷間の百合 | トップページ | 本312・・ジェーン・エア »