« 本311・・嵐が丘 | トップページ | 本313・・ジャン・クリストフ »

2016年10月22日 (土)

本312・・ジェーン・エア

ジェーン・エア・・シャーロット・ブロンテ著

Jane1_convert_20120529004527ジェーンは孤児となり、リード夫人(義理の伯母)と子供達から冷遇される。反骨精神は強いが美人ではないジェーン。10歳で厳しいローウッド寄宿学校に入れられるが、良い教師等とも出会い忍耐と信仰を学ぶ。後に教師となり、都合8年を過ごす。
学校生活に無聊を託ち、自分の人生に挑戦するため広告を出し、ソーンフィールド館の家庭教師となる。当主ロチェスターはいかつい容貌で、気まぐれだが思慮深く奥底に暖かさと傷心を持つ。ジェーンはロチェスターとの身分を越えた恋愛を経験し結婚を申し込まれるが、式当日になって狂人の妻の存在が判明。重婚を忌避し、翌日未明に逃亡する。
路頭に迷い、生き倒れになりかけたところを牧師セント・ジョンと妹二人に救われる。共に暮らし村の教師などをし、暫くして三人が従兄姉と分かり別の伯父の遺産を分ける。セント・ジョンに、忠実な撲としてインドへの宣教に同行するため結婚を申し込まれる。彼に恋愛感情が無い事を知り苦悩するが、嵐の晩に頭の中にロチェスターの自分を呼ぶ声を聞き、翌朝彼の下に戻るため出発。
館の焼跡を見、近くの旅館主から火災状況とロチェスターの妻の死、ロチェスターの近況(火災で盲目となり片腕も失い、別の館に隠遁)を聞き、その夜訪ねる。再会した二人は互いの愛と必要性を確認し、ひっそりと結婚。2年後、ロチェスターの片目の視力が回復し、彼は同じ黒眼を持つ息子を腕に抱擁する。

|

« 本311・・嵐が丘 | トップページ | 本313・・ジャン・クリストフ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本311・・嵐が丘 | トップページ | 本313・・ジャン・クリストフ »